fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

立民、生方幸夫「拉致問題はなかった」。これが立憲民主党の本当の見解だ。

 立憲民主党衆院議員(比例代表南関東ブロック)の生方幸夫(うぶかた・ゆきお)が、北朝鮮による日本人拉致被害者について「生きている人はいない」などと発言していたことが明らかになった。
 発言は今年9月、千葉県松戸市内で行われた生方の国政報告会の場で確認された。報告会の様子を撮影した動画によると、拉致問題に対する見解を問われた生方が、「拉致問題は本当にあるのか。ないんじゃないか」と発言。途中、「なんでしたっけ。小さな女の子。高校生か中学生かで…」などと、半ば拉致被害者をちゃかすように言いよどみ、参加者から「横田(めぐみ)さん」と指摘される場面もあった。そして、生方氏は、めぐみさんを含め日本から連れ去られた拉致被害者は誰も生きていないとし、「生存者がいると思っている人はたぶん、自民党でも一人もいないと思う」などと持論を展開した。
 生方は、産経新聞などが発言内容を報じた直後の今月11日午前、ツイッターを通じて発言を撤回し、謝罪した。インターネット上で公開されていた報告会の動画も、閲覧できなくなっている。
 こんな議員をほおっておく必要はない。自民党および拉致議連は、立憲民主党と生方幸夫に対して、公式の場において、発言の真意、拉致問題に関する自己の見解、謝罪を求めるべきだ。この問題を選挙前の重点運動として全国的に展開し、立民批判を繰り広げるべきと思う。

 <生方糾弾会見時の質問>
1.「拉致問題は本当にあるのか。ないんじゃないか」と発言しているが、当時の小泉首相が訪朝した際、金正日総書記が拉致を認めているが、この発言を否定する根拠はないか
2.当該の国政報告会で、横田めぐみさんの名前を知らなかったようだが、それは本心か。であれば、これまで無数に報道されてきた拉致問題をどのように見聞きしてきたのか
3.「拉致被害者は生きていない」と発言しているが、その根拠はないか
4.一方で、拉致問題はなかったといっているが、矛盾しないか
5.「生存者がいると思っている人はたぶん、自民党でも一人もいないと思う」と言っているが、なぜそこまで言い切れるのか
6.生方の考えは、立憲民主党議員の多くの意見を代表していると見ていいか
7.これが自民党議員だったら、すぐに議員辞職を求めるのが立憲民主党と思うが、議員辞職の考えはないか
8.生方の議員としての適格性を疑問視する声もあるが、どう思うか
9.枝野代表の任命責任についてどう思うか
10.北朝鮮の政治体制についてどう思うか。主体思想の信奉者か
11,発言を撤回して、謝罪しているが、北朝鮮の金正恩に言いたいことは
12,家族会に対して言いたいことは
13.一連の発言に対し、国民に謝罪するか

 今回の生方発言で、明らかになったことは立憲民主党の議員の中には、生方のように「拉致事件はなかった」と思っている人間が少なからずいるという事実だ。いや、少なからずではない、多くいるという事実だ。事件のあるなしを判断するというよりも、信奉する北朝鮮国家がそんことするわけがないという洗脳というか、聖人信仰の狂信者になっている。それは福島瑞穂や辻元清美など旧社民党系の議員はみなそうだ
 来る総選挙の選挙戦では、自民党はそこを衝いて立憲民主党を叩いてほしい。
 「立民の生方幸夫は、拉致問題はなかったと言った。これが立憲民主党の本当の考えだ。こういう、国民を独裁国家に売り飛ばす政党に政権を任せられますか。そして、国民の税金で俸給もらって、独裁国家に協力しているんですよ! そんな立憲民主党に政権を託せますか!」って街宣したら?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

コメント

こんな奴は国会議員として失格

おはようございます。

拉致被害者およびその家族を相当侮辱した立憲民主党・生方幸夫議員のこの発言、あなたは正直言って日本の国会議員かと言いたくなるもので、憤りしかありません。
ハッキリ言って議員辞職に値する問題行為だし、国会議員の中に北朝鮮による日本人拉致問題なんてもんはないなんて無神経を通り越した考えを持つ人がいるコト自体考えられないです。特に旧社民党系がそうだが、自国民を拉致してミサイルをバンバン撃ってくるようなテロ国家を有難がるなど愚の骨頂!! こんな国会議員がいるコト自体日本にとって最大最悪のことでしかない。

それと法で北朝鮮による日本人拉致事件を否定する言動には公職追放などの厳罰に処すというのはないのかと思うし、また国会議員には拉致被害者救出バッジをつけることを義務化するという法改正もしなければいけない。

もうすぐ衆議院選挙だが、こういう議員を選挙で落とすチャンスがやってきたと思えば、国民の良識ある行動に期待したほうがいいでしょうか? アメリカの大統領選挙みたいにネガティブ・キャンペーンが認められたらばこの手の左翼系議員は格好のターゲットだと思う。

この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますのでよろしければ見に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-8743.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)