fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

河野、フジテレビに「フェイクニュースだ!」というなら、朝日新聞にも「フェイクニュースは止めろ!」といったら?

 自民党総裁選(29日投開票)に立候補した4候補が出演した26日午前のフジテレビ番組で、河野太が「ひどいフェイクニュースだ!」と抗議する場面があった。
 番組冒頭、解説者が「河野氏と岸田文雄前政調会長の決選投票になると、岸田氏が議員票で逆転する可能性があるという考え方が一般的」と指摘。そのため、河野氏の陣営が1回目の投票で一部票を高市早苗前総務相に回し、高市氏を2位にしようとする動きがあると伝えた。河野は、「するわけないですよ、そんなこと! 冗談はよしてください!」などと声を荒らげた。しかし、フェイクニュースを流すのもマスコミだ。日本のマスコミが公正ではないことくらい、河野は知っているはずだ。それを知らないのなら、河野は 日本のマスコミの報道を鵜呑みにして政治活動をしてきたということになる。こんな情報分析力のない政治家は総理などになるべきではない。日本を危険に陥れるだけだ。
 ただ単にフェイクニュースと言っているが、はっきり言って「誤報」、「虚報」のことだ。どちらかというと「虚報」と言った方が当たっている。その最たるものが「従軍慰安婦」問題だ。吉田清治という世紀の嘘つきが、戦時中の慰安婦について虚偽の証言をして、それを虚偽と知りながら朝日新聞が新聞に掲載した。これが今の日韓関係悪化の最大要因なのだ。しかも河野の親父の河野洋平が、日本国家の関与まで認めて謝罪してしまった。まさに売国行為だ。
 河野は、今朝のテレビ報道を「フェイクニュースだ!」というなら、「慰安婦問題」で親父を土下座、謝罪させた朝日新聞にも「フェイクニュースは止めろ!」と言え。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)