fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

河野、野田はいっそのこと、自民党を出たらどうか。

 今日、NHKで日曜討論会をやっていた。自民党総裁選に出馬した4候補に総裁・総理としての政治姿勢を問うていた。各候補の政治姿勢はいろんなメディアで報道されているので、ここでは書かないが、この討論会を見て感じたことは、河野、野田に国民は守れない。国民の生命を託すことはできないと言うことだ。そもそもが保守の自民党にいるべき人間ではない。
 しかし、この両者にそれなりの国会議員支持者がいることを考えると、自民党にいることがおかしいという議員が、それなりの数いるということになる。そう考えると自民党は、この際、真の同志と言える人間で団結した方がいい。ここでいう同志とは、「皇統の維持」、「国防の充実」、「伝統文化の堅持」、「自由民主主義体制の維持」を共有できる仲間ということになる。維新、国民民主、立憲民主にも共感できる議員がいれば、ガラガラポンして自民党を再構築し、国会再編になっても構わないと考えている。
 少なくとも、今の自民党よりも保守らしくなりそうな気がする。そのときは当然ながら、河野、野田は自民党にはいないがね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : さよなら自民党、真の保守政党よこんにちは! - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)