FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

オリンピック、パラリンピック開催の検証をせよ! コロナ感染はどうなった?

 東京オリンピック、パラリンピックが終わった。無事に終わったことを喜ぶと同時に、開催に携わった多くの関係者の努力に敬意を表したい。しかし、この両大会を開催することに反対する勢力が、政治問題化して、後味の悪い開催になった感は否めない。
 開催に反対した勢力の言い分は、コロナの感染が拡大している渦中に大会を開催すること自体が間違っているという主張だった。無観客で実施するにしろ、何万という外国の選手団、関係者が来日する。国内で感染が拡大しないはずがないと言っていた。一方、開催をしたい勢力は、万全の感染拡大防止措置をとるから大丈夫という。結局、大会は開催され、終わった。
 あの国民の声を二分した開催、中止論争は何だったのか首相が任期一杯で身を引かざるを得なくなったほどの論争の検証はどうなっているのか。開催の中止を主張した側が、大会が終わって、この問題をスルーしているのが理解できない。また大会の開催を主張してきた側も、自分たちの判断が間違っていなかったという論拠のために、開催中止論争を検証しようという声も起こらない。のど元過ぎれば熱さ忘れる。そして、このことを誰も指摘しないのはどういうことだろうか
 これが日本人なのだといわれれば、そうだろうと納得するが、日本は近現代史上、国の命運をかけた大事件を何回となく経験してきたが、その結果を自らが検証したことはなかった。したがって、その結果に対し誰も責任をとることもなかった。
 事が終われば、そんなこともあったなーという感慨だけが残る。この国民的体質は今の現代でも引き継がれているとさえ思えてくる。事が終われば、蒸し返して事を荒立てないという協調の意識が根ずいているのかもしれないが、そういう姿勢が、正当な批判精神を萎縮させているとも思えるのだが。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)