FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

中国製のコロナワクチンなど接種するもんか!

 中国政府は4日、日本から新型コロナウイルスのワクチン提供を受け入れた台湾の民主進歩党(民進党)政権に対し「大陸からのワクチン輸送を阻止し、感染者や死者の増加を招いてきた」と非難する談話を発表した。
 談話は「安全で数量も十分にある大陸のワクチンを受け入れてこそ、ウイルスを抑え込むことができる」と主張した。
 中国は、台湾は中国の一部だとの立場を貫いており、日本によるワクチン提供を批判してきた。(共同)
 いまここに、アメリカ、ドイツ、イギリス、中国のワクチンがあったとして、中国製を選ぶ人間がどれほどいるかと考えた時、極めて少ないと思う。
 中国の医薬分野での開発力に対して、世界は工業製品ほど信頼はしていない。だいいち医薬品開発におけるデータの透明性、信頼性がないことが大きい。仮に中国製ワクチンで重大な副作用が発生したとしても、中国政府は断じてそれを認めないであろうことは容易に推測できる。
 これらのことを考えると、アメリカ、イギリス製のワクチンが手に入るのに、わざわざ中国製ワクチンを希望する国は経済力の在る国ではないだろう。ましてや、台湾だ。武力を行使してでも台湾を征服しようと企てている中国のワクチンなど、危険すぎて打てるわけがない。ワクチンに別の感染症の菌を混入させて、台湾国民、軍人の健康被害を増大させ、防衛力を弱体化させて一気に武力浸入というシナリオも読める。そういうことをする国、できる国が中国だ。
 なにせ、いつの時代でも毒殺は中国の政争の常套手段だった。だから、日本が台湾にイギリス(AZ製)のワクチンを提供できたことは両国にとって固い絆になると評価したい。
 中国は、日本に対して「つまらない政治パフォーマンスは止めろ」というが、中国が世界にどれほど信用されていないかを自覚せよと言いたいね。とくに命に関わることはなおさらだね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)