FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ウイグル人権弾圧に無関心を装う、日本国家。 国連で糾弾すべし。

 5日の産経新聞ニュースから。
 中国当局による新疆ウイグル自治区での人権弾圧については、イギリスBBC放送でウイグルの収容施設の実態について証言した、ウイグル人女性への産経新聞のオンライン取材がインターネットに掲載されていたが、今度はウイグル族出身の元医師の女性がトルコで産経新聞のインタビューに応じた記事が載っていた。女性は「約80人に強制不妊手術を行った日もある」と明かし、同自治区内で大規模な強制不妊手術が行われている実態を証言した。強制不妊手術について中国側は否定するが、欧米など国際社会では「ジェノサイド(民族大量虐殺)」の要件の一つだとして問題視している。 
 中国政府の統計資料によると、卵管結束と精管結束による不妊手術を受けた男女は18年時点で約6万人と13年の約14倍。避妊器具の装着手術も毎年20万~30万人に対して行われ、装着済み女性は17年時点で約312万人に上る。妊娠可能年齢の既婚女性の6割に達している。
 女性によると、同自治区内で強制不妊が組織的に始まったとみられるのは1980年ごろという。中国で産児制限「一人っ子政策」が開始された翌年のことだ。 「手術の意味は理解していたが、ウイグル族政策だったことは後で知った」と話し、「私も不妊手術を施された」と明かした。 
 強制不妊はウイグル族をマイノリティーの地位にとどめておくための中国当局の政策だという。(以上)

 ウイグルでの人権弾圧を具体的に証言する者も出現し、欧米はそれを事実と認定している。ところが、日本は、政府も野党も、マスコミ(産経だけは除く)も、人権・平和団体も、この問題に無関心を装っている。というか触れたくない、避けたいという意識が見え見えだ。「中国を刺激するな」、「中国を非難しなければならないようなことには関与するな」という申し合わせ事項でもあるかのように、政府から野党まで、右から左まで沈黙を通している。
 この問題でコメント一つ発することができない政党、マスコミ、人権団体など、これからは「人権の尊重」、「女性の人権」、「命が大事」などという言葉は決して使わないでほしい。日本政府も国連の場で「人権の尊重」などと、発言しないでほしい。国民として恥かしい。
 国民民主党の山尾志桜里衆院議員は、3月2日、ウイグル自治区での弾圧について、日本ウイグル協会からヒアリングした際、「さらなる放置は消極的支持になってしまうし、これを放置したら日本に人権外交を語る資格はないということだと思う」と述べている。
 この言葉にすべてが集約されている。
 人権大好きのサヨクさん、社民党の人権派弁護士福島瑞穂さん、立民の辻元清美さん、公明党の山口代表、なんか一つくらいは言うことあるでしょう。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

コメント

極めて「嘆かわしい!!」

こんにちは。

日本は政府もマスコミも国民一般も人権意識が低いというどうしようもない欠点を抱えているが、他国の人権問題に対して非難しない政府やマスコミには呆れるを通り越してるし、これが先進国の政府っていうかマスコミなのかと思います。

確かに他国の人権問題に対して無関心を装うような日和見でお花畑な姿勢は国際社会から批判と嘲笑の標的になるだけだし、日本国民として恥ずかしい気持ちになります。

日本は長年「基本的人権の尊重」について全く教育してこなかったせいで人権意識が磨かれず、いじめやハラスメントが横行したり、変に正義感を丸出しにしてメディアスクラム(リンチ)という「報道の自由」を悪用した行為が横行したり、他国の人権問題は知らなくていいなんて無知を助長したりしたわけだが、これだから日本は成熟していない子供の国といつまでも言われるんじゃないかとすら思います。

基本的人権の尊重という民主主義の常識を二の次にした要因は戦後教育にありだが、これも間違った教育のせいで日本が劣化したと思うと、極めてこれも嘆かわしくなります。ただ金儲けしか考えてこなかったこともまたしかり。

関連するネタを私のブログでも取り扱ってますので、よろしければ見に来て下さいませ。→ http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-8478.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)