FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

国民民主の山尾志桜里ちゃん、結構やるね。少し見直したよ。

 国民民主党は2日、中国当局による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での弾圧について、日本ウイグル協会からヒアリングした。
 同協会のレテプ・アフメット副会長は、ウイグル人に対する強制労働や、同自治区での女性に対する不妊手術の強制子供らに対する同化教育の実態を説明した。
 この中で氏は、米政府、カナダ下院、オランダ下院が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定し、中国を非難したことに触れ、「あと半年すればジェノサイドと認定する国が間違いなく増える。そうした中で日本だけが何もしないのは、私たちが見たくない光景であり、多くの日本人の国民が見たくない光景だと思う」と述べ、日本の具体的な行動を求めた。
 研究会の主査を務める山尾志桜里衆院議員「さらなる放置は消極的支持になってしまうし、これを放置したら日本に人権外交を語る資格はないということだと思う。強く取り組んでいくことをお約束したい」と語った。
 国民民主党はいいことしてるね。こういう活動をどんどんやって政府、与党に圧力をかけてほしいと思う。ワシは、これを国民運動にしてもいいと思っている。自民、公明が中国に忖度して何も言えないことは分かっているが、それが不正義であると分からしめるまで、そして親中派の居所が亡くなるまで徹底的に追及してほしい。さらに立憲民主党や社民党を誘い「ジェノサイド(民族大量虐殺)」認定運動を大々的に繰り広げるべきだ。彼らが国民民主に合流しないことは分かっているが、強制労働、基本的人権の侵害、女性の人権蹂躙など立民、社民が日ごろから大声上げて抗議する事案だ。ウイグル問題でこの声を上げないのならいつ声を上げるのかと立民、社民に問うたらどうか。立民、社民はこの問いに逃げる。沈黙する。それでいい。既定路線だ。彼らが日ごろから主張する反戦、平和、基本的人権の尊重、言論・表現の自由がいかに偽善・欺瞞であるかが、国民に広く理解されればそれが成果だ
 このことを事あるたびに持ち出して、立民、社民の反戦・平和運動を牽制することができる。自民の若手も目覚めてほしいものよ。
 それにしても、この研究会の主査を務める山尾志桜里ちゃんはいいね。立民のときは嫌いだったが、この件の彼女の動き、発言には共感する。この論調で、辻元清美、福島みずほに論戦を仕掛けてほしいものだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ



スポンサーサイト



テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他 - ジャンル : 政治・経済

コメント

野党の意識を変えるきっかけとなれれば

こんにちは。

国民民主党・山尾志桜里議員が中国によるウイグル抑圧問題について、中国に忖度して抗議というか非難声明を出さない政府与党に対して批判したけど、中国問題に対して忌憚なく言ったことは立派なことだし、かねてから親中のイメージが強い野党、特に立憲民主党や社民党、共産党に対する強いメッセージにも取れます。これ以上中国に忖度しては日本は国際社会、特に欧米から批判されるだけでマイナスだ。これではいけないって意識から山尾議員は動いたけど、これを受けて野党ももう中国に忖度できないと意識を持つべきです。

中国の横暴に対して欧米は非難声明を出しており、当然日本もそうしなければいけないことは確かなんだけど、菅政権は中国を非難する決議案を出すことを考えたらどうか? 二階俊博などの親中派に忖度せず忌憚なくやるべきだ。

それをやらないから野党のまともな者がやったとすれば、与党は情けないわ。

Re: 野党の意識を変えるきっかけとなれれば

今晩は。
政府、与党がなんと情けないことか。国民民主のこの動きを見て、恥ずかしいと感じた自民や公明の議員はいたのか。恥ずかしいという気持ちもなく、悔しいとも思はない議員だったら、与党から籍を抜いたらどうかと思います。国民民主が行ったウイグル協会からのヒアリングに対して、政府および与党はどぷ思っているのか。そこをマスコミはしっかりとフォローしなければいけないと思いますが、なぜかそんな報道を目にしません。政府も与党も、マスコミも「日中記者交換k協定」に基づいて、中国を悪く言わないという暗黙の約束をまもっているんでしょうね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)