FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

法大山口教授、与党議員の質問はくだらない。 それは立憲民主党議員に言うことだろ。

 自民党の鬼木誠議員が衆院予算委の質問で、2015年のパリ協定採択時に、当時の環境相の丸川氏とパリを訪問した時の話として、「各国首脳からアジアンビューティーと呼ばれ、大変人気があったと現地で聞こえて聞きました」と丸川氏を称賛した。
 これに対して法政大学教授の山口二郎が、「与党の質問は、何でこんなに下らないのだろう。与党であっても健全な思考力や論理的な表現力を持っていることを示すチャンスだとは思わないのかね」とツイートした。
 は、はぁー、山口先生のおっしゃる通り。
自民党にもくだらないこと質問する議員は確かにいますよね。しかし、くだらない質問する人間は立憲民主党の方が多いですよね。テレビの刑事ドラマ風に、書類を振り上げ、語気荒く相手を威嚇する、あの体だ。だが、追及している中身はすでに報道されている物ばかり。芸能記者のほうがまだましな質問すると感じることもある。少なくとも立憲民主党議員の質問に、「健全な思考力や論理的な表現力」を感じたことはない
 立憲民主党の諸君は、国会での質問は、政権のスキャンダルを追及することだと思っている者がほとんどだ。政策論争をしかけるくらい政治が分かっている人間は立民にはいない
 山口教授が立民議員に初歩的な政治学、経済学、法学とやらを教えてやってくださいね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 低レベルの国会議員 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)