FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

慰安婦問題。日本は攻守交替しろ。守備側から攻撃側になれ!

 韓国外務省の崔鍾文第2次官は現地時間の23日、ジュネーブの国連人権理事会の会合でビデオ演説を行い、慰安婦問題に言及し、「慰安婦の悲劇は普遍的な人権問題として取り上げられるべきだ」と強調した。これに対し、加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、不快感を示した。「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した平成27年の日韓合意に照らし、発言は全く受け入れられない」と述べた。駐ジュネーブ国際機関政府代表部の山崎和之大使から韓国側に抗議の申し入れをしたと明らかにした。
 慰安婦問題は日韓の根競べだ。韓国側がいつも先手うち、世界に向けて嘘、捏造の歴史を喧伝する。それを受けて日本はいつも後手に回り、「到底受け入れられない。日韓の合意に基づき、最終的かつ不可逆的な解決をしている」と反論する。こういう場合、後手になり弁明する方が印象は悪い。いくら嘘でも、言ったもん勝ちの傾向が世界にはある。韓国はこの事をよく理解して、日本に揺さぶりをかけてくる。
 日本がいくら、事実と違う、両国が合意して解決済みだといったところで、世界はこの問題に関心はない。二国間で解決してくれというスタンスだ。そこで、世界の耳に残るのは、先手である韓国の発言だけだ。たとえそれが嘘でも。
 日本はこの問題で攻守を変えなければならない。
日本が先手になり、世界に事実を発信することだ。先手を決して奪われてはならない。日本側から次々と慰安婦問題の事実を仕掛けることだ。
 加藤官房長官は、23日の韓国、崔鍾文の発言に対して、韓国側に抗議の申し入れをしたと言うが、韓国側に抗議をするのではなく、世界に事実と違うことを発信するべきだ。
 これからは、日本が世界を巻き込んで、韓国の主張が嘘であることを喧伝する番だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

コメント

後手に回れば痛い目に遭う

こんにちは。

また慰安婦問題を蒸し返そうな韓国、韓国が騒いだ後に日本が「極めて遺憾」「容認できない」って言うけど、正直言ってこんな後手で弱腰な姿勢では正しく伝わらないし、後手に回れば痛い目に遭うというのを痛感するだけです。

また解決済みの問題を蒸し返した場合は
「解決済みの問題なのにそれをまた蒸し返すのは合意違反であり言葉にならないくらいの強い表現で非難する」って非難声明を出すのとセットで経済制裁なり対抗措置を実行するのが普通なのに、日本政府ってそういう常識を知らないんだろうかと思うね。

国際法違反だ国家観合意だと思ってるなら、先んじて行動に移して相手に制裁を加えるなりすればいいのだ。また内外に「韓国は国家観合意や国際法を破る非常識な国」「国民感情だけでしか物事を左右しない幼児性丸出し国家」って宣伝するのも手だ。

「沈黙は金」「和をもって尊しとなす」的な考えは国際社会では100パーセント通用しないって理解したら!? 後手に回って反論では泥棒を見て縄を綯う的なものです。
それと国際社会はこの問題にあまり関心を持ってません。イランの核問題やウイグル・チベット問題、COVID-19問題とは比べようがありません。そんなもん日本と韓国だけで対処しろ、我々を巻き込むなって欧米などは思ってます。

日本政府はもう少し積極的な外交力を磨いたらどうだ!? 相手の顔色や出方を伺ってから行動するようなダメダメダメダメ外交ではなめられます。外務官僚は国際社会におけるインテリジェンス力を身に着けねばいけないことを理解したほうがいい。

Re: 後手に回れば痛い目に遭う

今晩は。
日本政府の外交はすべて受け身です。特に中国、韓国相手だと、日本から動くことは皆無です。それは、相手を刺激することになり、その反動で対日関係が悪化することを恐れているのです。しかし、中韓は 日本に忖度することなく、日本を刺激することで外交優位を得ようとしています。そして中韓に先手を打たれ、以前の状態に戻そうと遠慮がちの対応をとるのです。日本がこういう態度にしか出れないのは、政権および与党の中に日本の国益よりも中韓の国益を優先する売国奴議員がいるからです。経済が成長していた時には、国益を少々犠牲にして中韓に分け与えても日本は何のダメージも受けなかったのですが、経済成長が止まり不景気になってきたら、もう日本にはそんな余裕はなくなりました。しかし、日本の国益という甘い汁を吸ってきた中韓は、そんなことお構いなしに、日本に国益汁を要求してきます。それは、好景気の時、日本国益汁を吸っていたときに手名付けた日本の売国奴議員を、脅し、すかしして国益汁を出させるのです。完全に弱みを握られているといってもいいかもしれません。日本は、というか自民党は、こういう売国奴議員を切らないといつまでたっても中韓に物が言えないままです。日本から行動を仕掛けることができないのです。
本当はそこに手を付けたいと思っていたのが安倍前首相です。しかし、習近平を国賓来日させようとして、かえって我が政治生命を縮めてしましました。今となっては、こういう連中が自然消滅するのを待つしかないと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)