FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

猥褻教員に限って人気のある先生だ。だから、これくらいでは問題にならないと思っているのか。

 31日配信の「東スポWEB」がヤフーニュースにアップされていたので引用する。
 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)が31日に、「セクハラ・猥褻(わいせつ)教師は即免職に」と題した自身のブログを更新した。
 東京在住の写真家・石田郁子さん(43)が28年前に、中学校教諭から繰り返しわいせつな行為を受けたとして起こした民事訴訟について、昨年12月に東京高裁がわいせつ行為と認定。これに札幌市教育委員会は28日、石田さんを当時指導していた市立中学校に勤務する男性教諭(56)を懲戒免職とした。
 尾木氏は「懲戒免職になったニュース、28年もかかったことに衝撃受けました」と驚きを口にし「教師のわいせつ行為程卑劣で許しがたい犯罪はありません!何故なら、生徒の教師への信頼を利用していることや絶対的な立場の優位性を利用しているからです。さらに、被害生徒には教師不信と男性恐怖心のトラウマで長く苦しめます」とわいせつ教員に怒りをぶちまけた。 「教師の猥褻行為は学校全体、地域の学校不信を生み、信頼回復に大変な犠牲が伴う」とした尾木氏は「【わいせつ教師は即刻首】をルール化すべきです」と訴えた。(以上)

 ワシは、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹に対してはあまりいい印象を持っていない。テレビのワイドショーで文部行政の評論をするときに、どちらかというと革新側、つまり日教組側視点で論評することが多いと思っているからだ。しかし、上記の【わいせつ教師は即刻首】論にはまったく異論はない。述べていることも正論であり、左右両派から支持される発言だ。
 猥褻(わいせつ)教師は、生徒、保護者に人気のある先生が多い。事件が明るみに出ると、被害を訴えた生徒や保護者が誹謗・中傷を受ける場合が多く、加害教員の処分には嘆願書が出され甘い処分になるという。
 こういう悪弊に立ち向かい、28年まえに民事訴訟を起した当時の中学生にエールを送りたい。彼女の行動で、どれだけ多くの生徒(女性)が救われた、または救われることか。現写真家の女性に敬意を表したい。
 しかし、教え子に猥褻(わいせつ)行為をした教員に嘆願書など信じられない。当該教師に不満がある保護者が、子供に対する些細なことを盾に、教師を貶めようとしていると感じ取ったのかもしれない。あの先生がそんなことするわけがないという先入観からだ。当該教師もまた、自分は学校からも保護者からも、いい先生だと評価されているから、これくらいのことで問題化するわけがないと高をくくっていたのかもしれない。しかし、そこには、猥褻(わいせつ)行為をされ泣き寝入りした生徒がいた。
 もうこんな生徒を生み出してはいけない。悲しい現実だが、生徒の間にも、保護者の間にも、そして教員同士の間でも、人間は上の顔と下の顔は違うという共通認識を醸成しなければならない。昔は、教職は聖職と言われていたが、いつからか教職は性職といわれるようになった。やはり、大学からの教員養成プログラムが、どこかおかしいんじゃないの?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)