FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

日本政府は在外邦人の生命を守る気概があるのか。 中国に忖度ばかりして!

 中国でスパイ罪などに問われた日本人2人が1審の実刑判決を不服として上訴した訴訟の判決公判が昨年に北京でそれぞれ開かれ、2件とも棄却されたことが12日分かった。中国は二審制のため、懲役刑が確定した。
 懲役刑が確定したのは、2019年に懲役6年の判決を受けた日中青年交流協会の鈴木英司理事長と、18年に懲役12年を言い渡されたコンサルタントの男性。どのような行為が罪に問われたかや、上訴審判決の詳細な時期は不明。
 鈴木氏は16年、シンポジウム開催の打ち合わせで北京を訪れた際に拘束された。札幌市の男性は15年に拘束された。コンサルタントとして日中間を往来していた。
 15年以降にスパイ行為に関わったなどとして、これまでに日本人15人の拘束された。うち今回の2人を含め、少なくとも9人が起訴され、懲役3~15年の実刑判決が確定している。(共同)

 加藤勝信官房長官は、実刑判決を受けた日本人2人について中国側に「早期帰国の実現、司法プロセスの透明性確保などを働き掛けている」とも述べているが、どこまで本気で邦人の解放を求めているのかはなはだ疑問だ。
 中国が言論・思想の自由がない共産主義独裁国家であることは世界の常識だし、この件の裁判においても、どのような行為が罪に問われたかや、上訴審判決の詳細な時期は不明のままだ。こういう中で国民が拘束され実刑になれば、自由民主主義、法治国家であれば中国に対し厳然と抗議して、世界に中国の不当性を訴え、国民の解放を求めるものだ。しかし、加藤官房長官の声明は極めて弱く、ただのお願い、働きかけだ。政府の、こんなやわな姿勢で国民の生命が守れるのか。
 15年以降邦人15人がスパイ罪で実刑が確定しているが、この中には中国の日本人学校の女性教員や、中国側の依頼で温泉調査をしていたコンサルタントも含まれている。このような人たちがどうしてスパイ罪?って首をかしげたくなるものだが、そこが独裁国家中国だ。中国における法など、どうにでもなる。要は中国政府の気分次第なのだ。チャイナリスクの一つだ。過去、中国でスパイ罪で拘束された西側国民については、その人物が犯人と思われても、当該国家はしかるべき立場の外交官を派遣して中国に状況説明と、国民の解放を求めている。これが国民の生命を守る国家の責務と思うのだが、日本政府は、そこまでして国民を守る考えはない。それよりも日中友好、中国様を刺激するなという思想の方が大事ということだ。
 二階に交渉させたらどうか。そしたら奴がどっちを向いて政治家しているか、分かろうというものだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

在外邦人の保護は二の次か!?

こんにちは。

中国で日本人がスパイ罪に問われてそれを不服とした控訴審で訴えが棄却された問題で、日本政府は何か言及したんですかと言いたくなります。

仰る通り、国家観で問題が起これば当事国に外交官を派遣して相手に状況説明と国民の解放に動くのが外交の常識なのに、日本はそれすら知らないのかと言いたくなるし、自国民が他国で命を脅かされてるのにそれに対して毅然とした態度も取れないんですか!? 自国民より相手のご機嫌取りを取るようじゃ顰蹙だけを書い政府批判が止まりません。

この状況下で何が日中友好だ、何が中国を刺激するなだ、そんなキレイごとばかりいうから日本の外交は三流だといわれることを身を持って知れ!! 政府及び外務省は!!
またマスコミもそんな政府の弱腰ぶりを非難したらどうかね!!

アメリカでトランプ大統領が弾劾訴追されたけど、菅政権及び中国寄りの議員を弾劾訴追したいくらいだ。国家の尊厳を脅かし品格も傷つけたその罪は大きいんだし。

Re: 在外邦人の保護は二の次か!?

今日は。
在外邦人が相手国に拘束されれば、日本国家は、その国民が犯罪人であろうがなかろうが、身柄拘束の説明と身柄の引き渡しを求めるべきです。相手国が法治国家でなければなおのこと、身柄の引き渡しを強く求めるべきです。相手国がそれを拒むのであれば国際世論に訴えるべく、世界に情報を発信する、これが主権国家の姿です。日本は、中国には思い切ったことを言えません。それは中国の恫喝を怖れるからですが、一個人の命や人権よりも日中友好、経済協力の方が大事と、経済界に忖度しているからです。本来は、こんな政府に対し、「国民の生命・財産を守るのは国家の責務だ」と言って政府を追及するのがマスコミの姿なのですが、日本のマスコミが、これまた中国の工作機関のような存在で、中国を一言も批判できません。批判どころか、中国に都合の悪いニュースは報道しないというのが日本のマスコミの報道姿勢です。ですから、邦人が中国当局に拘束されても、自ら動いて取材することもありません。拘束された邦人を見殺しにするのが日本の政府でありマスコミなのです。これがアメリカだったら、国民は一致団結して国民の解放を求め、マスコミは政府を追及して政府を動かします。日本とアメリカの、この差。天地の差です。ここがアメリカの凄いところでもあり、怖いところでもあります。日本は、アメリカの爪の垢でも煎じて飲まなければならないと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)