FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

韓国の言う「未来志向」など信用できない。

 韓国の文在寅大統領は11日、「新年の辞」を発表した。韓国では元慰安婦の女性らが日本政府を相手取った訴訟で、8日にソウル中央地裁が日本政府に賠償支払いを命じたばかりだが、文氏はこれには触れなかった。日本との関係に関しては、「未来志向的な発展のためにも引き続き努力していく」との従来の姿勢を示すにとどまった。
 ワシは、この「未来志向」という言葉が大嫌いだ。この言葉は金大中元大統領が言ったのが最初と記憶しているが、これ以降日韓は、事あるたびに「未来志向の日韓関係」という言葉で両国間の懸案を処理しようと言い続けてきたが、言葉とは裏腹に、日韓関係は悪くなるばかりだ。「未来志向」という言葉の意味が、日韓で違うと思わざるを得ない。未来を見る目のついているところが違うのではないか。日本人は顔についているが、韓国人の目は実は後頭部についているのではないか。だから韓国人は後ろの方、過去しか見えないのではないかと思う。現代のずっと後ろの方にある李朝時代が、未来に見えるのかもしれない。
 もうこの言葉、「未来志向」の使用はやめてくれと言いたい。この言葉には中身がない、聞けば反吐が出そうだ。言うなら「日本思考」という言葉に替えてもらいたい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

コメント

未来志向なんて言葉を使う資格など韓国にはない

こんにちは。

度々「未来志向」なんて言葉を使う韓国、正直事あるごとに「反日」に走って過去の歴史を利用して騒ぐような姿勢にはどこが未来だ? って言いたくなるし、事あるごとに過去を蒸し返してそれで責めたりタカッたりして何様のつもりだも言いたくなります。

大体未来志向なんて韓国が言える資格あるのかと思います。
インドなど他のアジア諸国やアフリカ諸国は、イギリスなど旧宗主国相手に事あるごとに過去の歴史を利用して責めるような言動などしないし、そんな昔のことを今になって責めて謝罪や賠償を要求したところで何もいいことなどないってことぐらい理解してるし、過去の歴史は棚上げしてこれからはいい関係を築こうって姿勢を取ってるから、ホントの未来志向の意味を知ってます。
またフランスとドイツだって、第2次大戦まで対立していたが大戦後これまでのわだかまりは棚上げしてこれからはお互いいいパートナーとして歩もうってことで(これにはフランスがドイツを赦すという姿勢を示したことにある)ホントの未来志向の関係を築いて現在に至ります。


すぐに過去を蒸し返すような後向きで赦しの精神を知らない韓国には、未来を語る資格もないってことだ。日本は正直韓国など信用するに値しない国って見なしたほうがいい。

Re: 未来志向なんて言葉を使う資格など韓国にはない

今晩は。いつもコメントありがとうございます。
「未来志向なんて言葉を使う資格など韓国にはない」。いいですね、この言葉。私が言いたいこともまさにこの言葉です。
「過去を蒸し返すような後向きで赦しの精神を知らない韓国には、未来を語る資格もない」、その通りだと思います。
美辞麗句を多用する人にかぎって、普段はその言葉と正反対の行いをしています。国家もそうです。独裁、弾圧している国が民主主義共和国だったり、そういう国家を志向する人間が平和や人権を叫んだりしています。国家も人間も、使う言葉の正反対に彼らの志向があります。未来志向の反対側に韓国の真の姿があります。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)