FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

千葉県知事選。日教組上がりの社会主義者、元県立高校校長が立候補を表明。

 現職の森田健作知事が不出馬を表明している来年4月の任期満了に伴う千葉県知事選で、元県立高校校長の皆川真一郎氏(66)が15日、無所属で出馬する意向を表明した。すでに、千葉市長の熊谷俊人氏、県議の関政幸氏、元船橋市議の門田正則氏の3氏が出馬を表明している。
 県庁で記者会見を開いた皆川氏は、「千葉県の高校教育は衰退している。票にならない教育課題について正面から訴えていく」とし、また、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥った県民の生活再建を強調。地域通貨としての県札を発行して配るほか、県立銀行を創設して中小事業者や貧困者への無担保、無利子、少額融資を行うとした。
 皆川氏は平成29年の衆院選で、社民党公認で千葉12区から出馬したが落選。既に同党には離党届を出しており、今回は特定の政党に推薦を求めないという。
 社民党を離党しているとはいえ、思想的には社民党員だ。県知事選に向けて、イメージダウンになるから離党しているだけだろう。県札、県立銀行、貧困者への無担保、無利子、少額融資に社会主義者の片鱗を見る。どういう思想を持とうが自由であり、日本はそれを国家として保障している。しかし、こういう日教組上がりの社会主義者が、資本主義、自由主義国家の公教育の校長になれるところに日本のいびつさがある。
 無垢の子供たちに、戦争反対、平和、人権を言い続け、知らないうちに反戦、反米、反自衛隊、反権力、反自民の意識を植え付ける。そして一方では、中国がウイグルで行っている人権弾圧や、北朝鮮の日本人拉致、人権弾圧、ロシア、韓国による日本領土の不法占拠には何も言わない、それどころかこういう事実を教育しないし、隠ぺいする。こういう偏った教育をしているから千葉県の高校教育は衰退するのだ。それは全部県高教組のせいだ。他人事のように言うな!
 一般的に公立高校教育が衰退しているところは、日教組の活動が激しい。それでも県から、優秀大学への進学者が多い県は、私学が頑張っているということだ。こういう社会主義者を県知事にしたら、そのうちに北朝鮮と交換留学とか、北朝鮮に修学旅行を、夏休みには「ピースボート」に乗ろうなどと言い出すぞ!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 教育問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)