FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

武漢ウイルス感染の拡大防止策は、国民の自覚と振る舞いにかかっている。

 コロナの感染者が増加傾向にある。第三波と見る向きもある。巷ではGo Toするから感染が拡大したという人間もいる。政治家の中にも、それを言う某小沢一郎という人間もいる。
 しかし、コロナで外出や会食の自粛で経済は悪化した。レストランが閉店した。スーパーが倒産した。ホテルが倒産した。誰の目にも景気が悪化していることは分かる。ワシが住む都市の空港も、国際線ターミナルが閉鎖されている。外国便の減便、廃止でターミナル自体が閉鎖されてしまった。もちろん中にはいていたレストランや各種店舗も撤退している。施設警備会社も人員削減や配置転換をしているという。
 コロナ感染防止を最優先させなければならないが、それで景気が悪化しても仕方がないと言うわけにはいかない。某小沢のように、何の対案に言わずに、ただ政府を批判すればいいと言う単純な話ではない。結局は国民の自覚と振る舞いに頼らざるを得ないということだ。難しいことではない。リモートワークや時差出勤も含め3密を避ける。手洗いの徹底。最低これだけを実行しても感染拡大は抑制できる。
 これは政府がどうのこうのと言う話ではない。自分たち自身、つまり国民自身の問題だ。これを、政府がースガガー、などと政府の責任にこじつけたがるのが野党であり、マスコミだろうが、今や、こんなことでは国民の気持ちは動かせない。
 国民の気持ちを動かしたいなら「コロナ」と言うのではなく「武漢ウイルス」と言え!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 中国問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)