FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

クレーム社会とクレーマー

 2ちゃんねる創設者で実業家のひろゆき氏(43)が9日、ツイッターを更新。広島と長崎で原爆の日を迎えた際に行った安倍首相(65)のあいさつ文がほとんど同じ文面となっている、「コピペあいさつ文」として報道に言及した。
 広島と長崎の原爆で、日にちと場所以外何が違うというのか。原爆で多くの非戦闘員の方が亡くなったり、傷害を受けて苦しくつらい人生を歩んでこられた方々に対する同情、そしてこのような惨禍を繰り返してはいけないという気持ちは同じではないか。広島および長崎での式典のあいさつ文の大部分が同じだったとしても批判されるべきことではないと思う。入学式や卒業式における来賓の挨拶は、それこそ「コピペあいさつ文」だぞ。
 こういう難癖をつける人間に限って、挨拶文が違っていたら、「長崎(広島)の被ばく者には、広島(長崎)であいさつしたことの気持ちは持てないのか」と、また難癖付ける。こういう批判する奴は、要するにクレーマーなんだよね。クレーマーの声をニュースしないと安倍首相を批判できないんだろうね。
 世の中が「クレーム社会」だから、こういう人間が出現してくるのも自然現象なんだろうけど、クレーマーにクレームをつける人間が出てきてクレーマーを退治してくれないかな。言っておくが、ワシはクレーマーではないよ。クレーマーとは「難癖者」のことだ。ワシは「正論者」と思っているよ。一緒にしないでね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

 おはようございます。

 誰かに文句を言わねば気が済まないという不平不満の塊がクレーマーを作っている要因だけど、理由もなく誰かの悪口を言って憂さを晴らすというのは低レベルな考えで理性も何もあったもんじゃないと思います。昨今の日本がクレーマー社会となった原因として道徳や倫理といった人間教育を軽視した弊害にあると思いますが、働きアリンコさんはどう思いますか?

全く同感です。

クレーマーが注目されるようになったのはここ30年くらいでしょうか。世界が「グローバル」化するなかで、日本人もこれに順応しなければならないということで、自己主張しない日本人は、世界の波に乗り遅れるという空気が社会、教育界にはびこりました。これは一面当たっていると思いますが、これを日本人の生活習慣の中まで取り入れてきたことが間違いだったのではないかとおもっています。日本社会は共同体意識が強く、周囲との協調、和のなかでお互いを気づ付けないようにして暮らしてきました。そこに組織の連帯感、協調性、互助の精神が育まれてきたのですが、これが「グローバル」意識を阻害しているという学者も現れました。これから移民も受け入れなければならなくなると時代に、日本古来の社会通念は通用しないと言うわけです。そこで、小学校でもはっきりとものをいうことが教育されるようになりました。自己主張できる子、嫌なものは嫌と言える子をつくってきたのです。テレビドラマもそうでした。それが時代のトレンドでもありました。こういう子が大人になり、自分に合うかどうかが判断基準の第一番として、自己主張するようになりました。自分の判断が、周囲に共感されるものかどうかという判断基準は欠如しています。周囲がクレーマーといっても、本人はまったくそんな意識はないのです。もはや狂信者と同じです。以上述べてきた「グローバル」と言う概念がクレーマーを増長させてきたとも言えます。ただ、このグローバルと言う概念は「国境のない世界」という意味の外、「人種・文化」の壁もなくそうという概念です。「世界国家」、「世界市民」という概念なのです。このグローバルが叫ばれだしたのはソ連が崩壊して、世界から社会主義国家が消滅しだしてからです。これがソ連崩壊後のあらたな左翼理論として吹聴されていることに注意が必要です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)