FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

徴用工の資産差し押さえ、現金化されず、ずっとこのまま推移する。

 徴用工訴訟の現金化、8月4日に「公示送達」される。これにより日本製鉄の資産の現金化が一歩近づく。日本政府は「あらゆる選択肢を用意している」として現金化を牽制している。しかし、韓国も日本も、これ以上の対策を打てないでいる。それは、両国ともこれ以上の関係悪化を望んでいないというわけではなく、文および安倍の双方に、次の一手を打つ度胸がないということだ。
 かといって振り上げた拳を降ろすことはできない。このまま8月も進展なし。9月も進展なし。年内進展なし。来年も進展なし。少なくとも安倍が首相でいる間は、今の膠着状態が続く。そして、この状態は韓国、文政権の望む状態だ。文政権にしたら、安倍の任期もあと1年、それ以前に安倍が失脚する可能性もある。だから今は我慢の時と捉え、安倍の次に望みを託そうと考えている節がある。
 しかし、安倍にとっては、ここまで韓国と正面から渡り合って、もの言う日本を見せつけてきたのに、次が旧来の韓国史観の首相では、これまでの安倍のやってきたことが水泡に帰す。首相でいる間に決着付けなければならないが、このままでは韓国に逃げ切られそうだ。
 最後の最後になっても「詰めが甘い安倍」は変わらないのか。「詰めが甘い」のは「決断ができない」ということと同義だ。これが安倍の限界なのかもしれない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 安倍晋三 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)