FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

文喜相の、上皇さまへのお詫び発言の真相。その後どうなってんのよ。

 韓国国会議長の文喜相が先日来日した際、日韓議連の河村幹事長と話をし、「天皇謝罪発言」について上皇さまにお詫びの手紙を送ったことを河村が明らかにしたが、実はこれが嘘だったことを韓国の聯合ニュースが報じた。これについてワシは9日のこのブログに書いているが、真相が見えてこない。文喜相が河村に嘘をついたのか。河村が日本国民に嘘をついたのか。この件では、日本のマスコミもピタリと報道しなくなった。河村が嘘をついたとなれば、これは大問題。本人は政治家を辞職しなければならない。野党、マスコミにとって、願ってもいない攻撃材料のはずだが、朝日でさえも追跡調査はしていない。なにかに忖度しているようだ。それが何か。そこをしっかりと調査報道するのが産経新聞だと思うのだが、産経も長いものに巻かれたか。

 9日のブログ 「日韓議連の河村建夫は上皇様に嘘をついた」
 韓国の国会議長、文喜相が、「天皇謝罪発言」をしたことについて、日韓議連の河村建夫幹事長がラジオ番組で、文喜相が上皇さまにお詫びの手紙を送ったことを明らかにしたが、これご嘘だったことが8日の韓国聯合ニュースで報じられている。
 文が河村に嘘をついたのか、河村が日本国民に嘘をついたのか。ここで問題なのは後者の場合だ。河村は個人的に、または日韓議連として韓国を擁護、応援したい気持ちから嘘をついたのかもしれないが、一番の当事者である上皇さまに嘘をついたことになる。戦前であれば極刑。現在ではそういうことはできないが政治生命を絶つに値する行為だ。この河村建夫にマスコミは取材しているのだろうか。
 文喜相は上皇さまにおわびの手紙は出していなかったという報道だけで済まされる問題ではない。天皇、上皇に対して公に嘘をついたということは「天皇謝罪発言」と同じくらい侮辱したことになる重大事案といえる。マスコミは是非とも河村を取材し、河村のラジオ番組発言の真意を探ってほしい。(以上)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : ヘタレの売国奴支配の日本 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)