FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

「未来志向の日韓関係」ほど当てにならないものはない

 天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列するために来日した韓国の李洛淵首相は、公明党山口代表や経団連中西会長などと会見した際、「未来志向の韓日関係」という言葉をつかった。この言葉はそもそも、金大中大統領が使ったものだ。それ以降、両国でこの言葉がもてはやされ、日韓で何かあったときは必ず「未来志向の日韓(韓日)関係」を構築しようと宣言してシャンシャンで終わりになる。しかし、現実は言葉と裏腹に、日韓の関係は戦後最悪の状態だ。原因はすべて韓国側にあるのだが、嘘をつく、約束を守らないという韓国人の特質とは別に、「未来志向」という言葉の意味が日韓で違うということに注意が必要だ。日本語のそれは文字通りの意味だが、韓国語でそれは「過去志向」と言う意味で語られている。いい意味に解釈すれば、「過去を直視しなければ未来は見えない」と言う意味なのかもしれない。だから過去の歴史問題に拘泥する。それが史実ならまだ話はわかるが、それがフェイク、捏造だらけだから日本人はそこに忌避感情が湧く。
 自民党の親韓土下座派のもうろく議員は、この言葉を聞いて感激して、条件反射的に妥協、土下座する。だからこれまでの日韓関係は究極にまで悪化しなかったが、安倍政権になり、この無条件妥協姿勢に終止符を打って、国家として毅然とした姿勢をとるべきという国民の声をバックに、戦後初めて韓国に妥協しない姿勢を見せている。、「即位礼正殿の儀」に韓国の李洛淵首相が参列したからといってリップサービスは不要だ。「未来志向の韓日関係」とは、「過去志向の韓日関係」であって、「韓国志向の韓日関係」なのだ。韓国との交渉は、言葉にも騙されないようにしなければならない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)