fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

米朝首脳会談、トランプと金正恩の格の違いだけが明らかになった会談だった。

 2月27日、28日にベトナムのハノイで行われた米朝首脳会談。事前の楽観的な予想を破り、実質的には決裂したもようだ。
 日本のマスコミの報道によると、トランプが次期大統領選に功績をアピールするために、北朝鮮に対してある程度妥協するのではないかと見られていた。それは、北が検証可能な完全非核化の意思を示せば、経済制裁をある程度緩めるのではないかというものだった。そして、金正恩もそこに期待していた節がある。トランプが、完全非核化作業の段階に応じて、経済制裁を順次解いていくだろうという期待だった。しかし、トランプは甘くなかった。アメリカが求める答えにほど遠かったのか、トランプは交渉を打ち切りそそくさと帰路についた。
 アメリカのポンぺオ国務長官は、「金正恩は準備ができていなかった」と言った。金正恩は、首脳会議に至るまでのマスコミの報道、トランプの甘い言葉に乗せられ、トップ同士の話し合いで、完全非核化、経済制裁解除を合意できると本気で思っていたのかもしれない。有頂天になりすぎて準備不足になったとみられる。今回の首脳会談、一言で言って「格の違い」が世界中に明らかになった。国家の格、政治家の格、人間の格、すべてにおいてアメリカと北朝鮮は、大人と子供。北朝鮮はガキんちょ、「バカ殿国家」だということだけが世界に明らかになった。
 トランプは、日本のマスコミがいうほどバカではない。むしろ、今回の交渉に臨んだ態度には、アメリカ合衆国大統領の威厳と風格が感じられた。これがトランプの本来の姿かもしれない。一方の金正恩は、トランプから、赤子の首を捻られるようにいとも簡単にあしらわれた。「お前は俺のカウンターパートではない」と言われるように。今回のトランプをみて、安倍ちゃんは安心したかもしれないが、それは日本にもキラッと刃を光らせて、手ごわさを見せつけたも同様だ。安倍ちゃんは覚悟が必要だ。
 それにしても世界の前で面子を潰された金豚ちゃんは、今何を思っていることだろう。顔を真っ赤にして怒鳴り散らしているに違いない。これから関係者の粛清が始まるかもしれないね。やっぱ、北朝鮮は怖いよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 国際政治 - ジャンル : 政治・経済

コメント

北の主張をあっさり蹴ったトランプ

こんにちは。

2度目の米朝首脳会談は、最後アメリカのドナルド・トランプ大統領が予定より早く切り上げて帰国という予想だにしない事態に及んだけど、結局アメリカと北朝鮮とで意見が対立してお互い平行線で物別れに終わったと言うのが憶測だけど、トランプ大統領が金正恩の主張を全く取り合わずに蹴ったといえば正しい見解でしょうかね?

正直アメリカの大統領と北朝鮮の委員長とでは同じ国家元首でも「月とスッポン」同然で、アメリカにしてみれば独裁国家の筆頭である北朝鮮のトップとでは相手にならないってことでしょう。即ちまともな相手にするに値しないと見てあっさり切り上げたと思うけど、金正恩は国際会談の常識というものを全く持ち合わせていなかったとしか言えないし、今まで中国やロシアとしか会談しなかったから、アメリカがどんな相手かを知ろうとしなかった不勉強が招いた結果とも思うね。

Re: 北の主張をあっさり蹴ったトランプ

> こんにちは。コメントありがとうございます。
今回の米朝首脳会談、「まともに相手にするに値しない」として、トランプが会談を切り上げたのでしょうね。しかし、韓国も、日本のマスコミも、トランプが金正恩に妥協して、経済制裁を緩めるのではないかと期待していたが、見事に足元をすくわれましたね。ざまーみろって感じです。韓国も日本のマスコミも、経済制裁が緩和されたら、北朝鮮といっしょになって安倍政権を叩こうというつもりだったのです。かれらの苦虫を噛み潰した顔が目に浮かびます。正直言って、私もトランプが功績を焦るあまり、ある程度妥協するとおもっていました。私もマスコミ報道に翻弄されていたわけです。しかし、トランプは単なるトランプではなく、アメリカ大統領のトランプだったわけです。今回の件で、少しトランプを見直しました。それにしても、金正恩は本気で、アメリカの妥協を勝ち取ることができると思っていたようです。側近から提供される情報から、そのように判断していたのでしょう。彼らもまた、トランプを甘く見ていたということです。これから北の国内でどんなことが起こるか、興味深々です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)