1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霞ケ関CCの会則が五輪憲章に抵触、だったらほかのゴルフ場にしろ!

  2020年東京五輪のゴルフ会場となる霞ケ関CCが女性正員を認めていない問題で、差別を禁じた五輪憲章に抵触するとして大会組織委員会やJOCが改善を求めているが、なんでここまで大きな問題になっているのかわからない。五輪憲章で差別を禁じているのは尊重するけれど、霞ケ関CCは一民間の会員制クラブだ。このクラブの会則を変えろと圧力をかけるのはちょっと筋違いではないかと思う。ゴルフ場はほかにも多数ある。霞ケ関CCの会則が五輪憲章に合わないというなら、それにふさわしい別の会場を探せばいいだけのこと。また、霞ケ関CCもそれをはっきり言えばいいではないか。ワシはこのクラブの会員ではないが、会員だったら「会則変更の協議など必要ない。五輪会場を返上すべし!」と言うだろう。
  もうひとつ、この問題で癪に障るのが、正会員は男子に限るとした会則が「差別」にあたると抗議している点だ。世の中いたるところに「女性専用」という文字が氾濫しているよ。JRには女性専用車両があるし、ワシの会社の近くには「女性専用フィットネスジム」もある。女性専用の「カイロプラクテック(整体)」もある。しかし、これらに対し、男性差別だと考えたこともないし、そういう声も聞かない。これらは「住み分け」だ。つまり「区別」なのだ。女性正会員限定のゴルフ場があってもおかしくない。
  IOCが差別にこだわるのならいっそオリンピック競技も男女別をなくし、男女同権、男女混合競技にすべきだ。レスリングも男女の区別関係なし、柔道も男女で試合、いいではないか。ワシも女性を横四方固めで押さえ込みたいなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 東京五輪 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。