1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民党が風前の灯火。当たり前だろーよ。

  社民党が党本部ビルを移転するという。党勢が低迷し、政党交付金が減額されて家賃の安いオフィスビルに移転せざるを得なくなったということだ。これにあわせて職員の早期退職、賃金カットも実施する。
  社民党本部職員には労働組合はないのかな。労働組合が支持母体だからないはずはないよね。「クビ切り反対!」、「賃金カット反対!」と気勢をあげてストライキでもするのかな。
  それにしても影がうすくなったね社民党は。今は社民党というけれど、ワシら早期ジジイ組は社会党といったほうがピンとくる。ワシらが小、中学校時代の昭和40年から50年代初めにかけて、「なんでも反対」、「ソ連、中国、北朝鮮大好き政党」、「日教組全盛」の印象があまりにも強すぎる。「米核には反対だが、ソ連、中国の核はいい核だ」などと言っていたのを思い出す。
  中国が市場経済を導入して実質資本主義を受け入れ、ソ連では共産党が崩壊、これにつづき東ヨーロッパでもつぎつぎと共産党政権は崩壊いていった。社会党が金科玉条のように守り信じてきたマルクス・レーニン主義が世界から否定されたことで、その存在価値が意味をなくさなくなった。自然の流れというか、社会主義・共産主義の嘘が暴かれ国民が覚醒したといったほうがいいかもしれない。ところが、ワシの住む団地の同じ組内に、中学校の教師を退職した男がいる。夫婦そろって元教師で、現役時代はバリバリの日教組活動家だったようだ。この男は、今は平和研究所なる団体に仕事に出ていると言っていた。この団体がどっち系の団体かは容易に推測されるけどね。たまに用事で、この男の家を訪れると、玄関内側に社民党系の国会議員、県会議員のポスターが貼ってある。さすがに、かつてのように家の外に貼る事ははばかられるのだろう。この男の頭がいまだに社会党そのものだ。どちらかと言うと「北朝鮮万歳!」派だ。町内清掃など行事で世間話などすることはあるが、安倍政権や自民党を反動とか右翼呼ばわりしたり、憲法9条を守るとか、戦争法案云々などよく口走る。こいつらのおかげで社民党はかろうじて議席を維持しているのだろう。しかしこの夫婦、二人して退職金たくさんもらって、年金も結構出ているらしく、夫婦でゴルフ会員権もって月1回フィールドに出ているし、年に2回は海外旅行している。自家用車もレクサスとスズキのハスラーがある。休日はもとより、有給休暇完全消化して、公務員という立場で散々好き勝手して暴れて、結果ちまたの人間より裕福で贅沢な老後を送っている。
  社会主義を信奉しながらブルジョアな生活している。世の中おかしい! ワシは絶対に許さん!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 民進党 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

こんにちは。

皆平等と謳いながら自分たちの地位と権力に固執し、市民が貧困に喘ぐなど厳しい暮らしをしてるのに自分たちだけいい暮らしをした結果最終的に権力から追われて惨めな末路を辿った旧東ドイツのホーネッカー、市民による弾劾裁判で処刑されたルーマニアのチャウシェスク夫妻がいい例だが、共産主義及びそのイデオロギーを崇拝するあまり現実を見なかったからこうなったと思うし、今や没落の国政政党に成り下がった社民党はまさにその事態に直面してると言えます。
東西冷戦が終結して共産主義=失敗国家。と言うイメージもついたが、愛国心などなく自分たちのイデオロギーしか信じないような勢力はその現実すら見ないんだから、社民党は間違った理想主義者の集まりもいいところである。日教組などを含めて。左翼系識者にチャウシェスク政権崩壊の映像でも見せてやりたいね。

日教組活動家が老後年金もたくさんもらって悠々自適の生活をしている。反国家思想を有難がるような人間に何で国が面倒を見るのかと思うし、そんなのに金を充てるくらいなら子供の貧困対策に回したほうがいいんじゃねェのかと吐き捨てたくもなります。
公務員を甘やかしていい気になる、まるでギリシャと同レベルだよ。ギリシャが財政危機を招いたのは公務員優遇社会にあるのに、日本はそこから何も学んでないんじゃねェのかとも言いたくなる。

Re: No title

> 今晩は、アジシオ次郎さん。

昨年の秋、用事である教育会館を訪ねました。そこは教育会館とは名ばかりで、社民党の国会議員のポスター、狭山裁判糾弾横断幕など、選挙事務所、過激派のアジトのようでした。中の雰囲気も言葉では言い表せないほど異様でした。普通じゃない雰囲気で、ちょっと怖さを感じたくらいです。こういう連中に支持される社民党は、やはり異常と思うし、ちょっとついていけない存在だなと思いました。社民党を動かしているのは、そこにいる事務局長や書記長なのです。いくら国会議員といったっところで、彼らは単なるメッセンジャーボーイに過ぎないんです。社民党を支持している労働組合や団体の上層部がみているのは、朝鮮総連や中国、ロシアの工作員たちです。間違っても日本国民など見ていません。だから平和や人権、戦争反対を叫んで自分たちは平和愛好者ですとカモフラージュして国民の目を向けさせようとしています。しかし、国民も少しは学習してきましたから、社民党の本質がわかってきています。その結果が社民党の凋落、本部の移転につながっています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。