1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また日本領を示す地図が見つかった、ワーイ。だから何なの。

  中国が領有権を主張する尖閣諸島について、日本領と記した19世紀後半の英国、ドイツ製地図が現存していることが明らかになった。いずれも日清戦争(1894~95年)前の地図で、中国側の「日清戦争を通じて、日本が尖閣を奪った」とする主張を覆す資料だ。この尖閣にしろ、韓国が不法占拠している竹島にしろ、日本領を示す古文書など歴史資料が発見されたとたまにニュースになるが、ワシに言わせれば「だから何なの?」という感じだ。
  日本が領土問題として認識している竹島は、国際司法裁判所(ICJ)で決着つけようというのが日本の立場だ。だから裁判でそれを示す客観的資料を準備しておかなくてはならないからこういう歴史資料が重要になる。しかし、ICJは一方の当事国が提訴に応じなければ審理は開始されない。今の韓国がそうだ。つまり裁判にならないってことだ。また尖閣においても、史実を示しいくら日本固有の領土と言ったところで、中国がそれを受け入れるわけがないことは誰の眼にも明らかだ。だからいくら歴史的資料が見つかったと騒いだところで、それが日本の領土を決定付ける資料にはならないことも考えておかなければならない。
  領土問題は結局は①当事国間で解決するか、②国際世論に妥協するか、③半永久的に棚上げするかしかない。ワシが一番心配していることは②だ。国際世論は必ずしも正義ではない。学術学会でもない。各国のエゴの主張だ。将来経済関係で中国とアメリカ、韓国とアメリカが蜜月になることもあり得る。日本が、竹島、尖閣を韓国領、中国領と認めなければアメリカは日本からの自動車輸入を禁止する、日本への農産物輸出を縮小するなどと恫喝するかもしれない。そのとき日本はどう対処するか。今の日本の政治家、経済界をみると、そこまでされるなら、竹島、尖閣の領有権を放棄してもかまわないと考える人間がほとんどだと思う。無人島だし、日本は排他的経済水域(EEZ)での経済活動の権利を認めさせれば、共同開発や技術協力でやっていけると言うだろう。
  こうしてゆっくり、ゆっくり日本の国土が侵食されていくことになる。日本の政治家はそこまで考えているのかなー。心配だがそのころ自分はいないし。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。