1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大使を早く帰任させろと言っている親韓派売国奴に、安倍ちゃん先制パンチ!

 釜山の日本総領事館に慰安婦像が設置されたことで、日本は駐韓大使と総領事を一時帰国させている。実質的には召喚なのだが政府発表では一時帰国になっている。この大使らをいつ帰任させるかについて、もうすでに帰任を模索する動きが出ていることを16日にこのブログにも書いたが、安倍首相は、「外務省は大使らを早く韓国に帰したがっているが、早く返す必要はない。国民も納得いかないし、それはさせない。」と語った。ワシは早期に帰任させるのではないかと心配していたが、安倍首相の言にほっとしているところだ。
  ただ、気がかりなのが、外務省が早く返したがっているという安倍首相の言葉だ。「なにっ!」と怒るより、「またか!」という気持ちが強い。外務省は国益、国家の尊厳、国民の気持ちをどう考えているのか。大使らを早期に帰任させて何をさせようとしているのか。それでこの慰安婦問題が前進、解決するとでも思っているのか。何の状況の進展もなく、日本が大使らを帰任させるとどういう事態になるかわかっているのか。まったく国家観のない外務省はまさに害務省と言わざるを得ない。
  一方では、「大事なのは、あの像が撤去されるかどうかだ。」という幹部の声をある。外務省では早期帰任派と慎重派が分かれている状況のようだ。しかし、この状況にあって岸田外相の声がまったく出てこないのはどういうことか。これはまさに外交案件なのだが、日本のカウンターパートである岸田の声が聞こえてこない。安倍首相の先の発言は、暗に岸田を意識したものであり、岸田に先制パンチを食らわして黙らせているのではないかと思う。
  早期帰任を言っているのは宏池会で、その裏でエロ黒二階や古賀不誠実が暗躍している。岸田は外相だが、二階や古賀に繰られているだけだ。そこを見越して安倍ちゃんは、「外野は黙っていろ!!」と親韓派売国奴を牽制している。安倍ちゃんは大したものだ。
  日本との交渉窓口を失くした韓国は、エロ黒二階や古賀不誠実など与党親韓派議員に接触して、大使らの早期帰任、慰安婦問題の更なる妥協、スワップ協定協議の再開などあらゆる要求をしてくる、いやしているだろう。それを誰が代弁するか。政治家、評論家、マスコミなど注視しなければならない。
  安倍ちゃんには大多数の国民がついている。このことを忘れずに韓国をバシバシやってほしいと願っている。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。