1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜山日本領事館前の慰安婦像への対応措置。甘いなー、どうせすぐに妥協する?

  韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことに対抗して日本政府は、4項目の措置を発表した。(1)駐韓日本大使と在釜山日本総領事の一時帰国(2)日韓通貨交換(スワップ)協議の中断(3)ハイレベル経済協議延期(4)総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ などだ。
  政府がやっと重い腰を上げ、韓国に恐る恐る声を上げたが、実質は日本国民向けのポーズとも読み取れる。いつかわからないが、噂される衆院の解散総選挙に向けて、このまま韓国に舐められっぱなしでは保守層の支持が得られないと判断したのかもしれない。しかし4つの対抗措置はどこか韓国に遠慮が見える。(4)などはどうでもいいような問題で、取ってつけたようなものだし、駐韓日本大使と在釜山日本総領事の一時帰国といっても、彼らはもう韓国に帰ることを考えている。大使、領事の一時帰国は単なるパフォーマンスだ。真剣に考えるとバカを見る。問題は(2)、(3)だ。日韓通貨スワップ協議やハイレベル経済協議は、中断や延期ではく、白紙撤回するのが対抗措置ではないか。中断および延期といえば、すぐに再開の用意があると表明しているようなもので、むしろ日本側がこれを懇願しているように思われる。協議が再開したときには韓国は、いつものことながら、「日本が要請してきたから応じてやった」と言うにきまっている。日本国民は、ありがたみを強要するつもりはないが、こんな言いかたをされると、「そんな支援などする必要なない」と思う。政府には韓国のようにポピュリズムになれとは言わないが、サイレントマジョリティーの気持ちも考えてもらいたい。
  政府は、(2)日韓通貨交換(スワップ)協議の白紙撤回(3)ハイレベル経済協議白紙撤回 を表明し、「ソウルの日本大使館前および釜山日本領事館前の慰安婦像が撤去されない限り、そしてアメリカをはじめ他国で慰安婦像を設置するという反友好的活動がなくならない限り、日韓通貨スワップ協議およびハイレベル経済協議に応じるつもりはない」くらいのことを言え!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。