1. 無料アクセス解析

城南市長の李在明・(イ・ジェミョン)さん、大統領になってね。

  韓国国会が朴槿恵(パククネ)大統領の弾劾訴追案を可決したことで、朴大統領は任期前の辞任を表明している。これを受けて次期大統領候補に名乗りを挙げている中に、「韓国のトランプ」と称されている城南市長に李在明・(イ・ジェミョン)がいる。彼は、徹底した反日主義者だ。日本を侵略国と表明し、慰安婦問題をめぐる日韓合意や日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の撤回を主張している。また竹島問題では、日本に侵略の意図があると言い、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備も「中国の警戒心を呼んでいる」と中止を要求している。
  この男は韓米同盟をどう思っているのか、韓日関係をどうしたいのか聞きたいところだが、こういう男に、大統領になってもらいたいねー。大統領になったら、いの一番に反日政策を表明するだろうから楽しみだ。慰安婦合意破棄、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の撤回、竹島韓国領宣言、なんなりと思う存分やってくださいなまし。当然、日本との関係は冷え切ってしまう。いいじゃないか。日本にとってはこの上もない事態だ。韓ちゃんと付き合わなくていいのだから。
  やっと手が切れると思うとホッとするね。これまでにも、韓国と付き合う必要はないと思う保守系国民は多かったのだが、時の自民党政府には協力するという姿勢だったもんで、このことを表立って表明することはなかった。なんせ、政財界には韓国に手なずけられているお方がたくさんいるものだから、どんなに日本が韓国に貶められ、名誉を傷つけられても、韓ちゃんに文句ひとつ言うことはできなかった。っていうか、直ぐにペコペコ頭を下げて「謝罪病」になる。だから、仮に「韓国のトランプ」李在明・(イ・ジェミョン)が大統領になったら、日本政府はこれまでのように、日本国民の税金を韓国に寄付することもできなくなるし、国民が許すわけがない。これをすれば国内で暴動が起こるかもしれない。それでも韓国を支援するなら、政府は倒れる。
  やっと韓国と手が切れる。韓国からそれを言い出してくれるのだから、日本はそれを尊重しましょうよ。やっと日本にばら色の時代が来る!

   ♬~♬ うれしいな、楽しいな、お友達が逃げたのー ♫~♫ (リカちゃん人形の歌)

  だから、堂々と日本は、韓国への非協力を表明できるわけだ。日韓スワップもなし、経済協力も縮小、平昌冬季五輪も経済支援なし、なんなら犯罪者優待制度であるビザなし入国も止めてもらいたいな。韓ちゃんは、何でも世界一の国なのだから、日本の協力なんて必要ないよね。

 ♬~♬早くなれなれ、李大統領(はーやーくなれなれ、だいとーりょう ♬~♬) (お正月の歌)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)