1. 無料アクセス解析

神社の仏像壊したの、やっぱり韓国人だった。

福島県では12月に入り、泉崎村の北側に位置する須賀川市、郡山市、福島市の寺や神社などから、仏像や地蔵像が100体近く壊された事件があったが、福島県警白河署は11日までに、韓国籍の無職、チョン・スンホ容疑者(35)を逮捕した。
  テレビでこの事件を最初見た時に、「あっ、これは韓国人だな。」と直感的に思ったが、やっぱりだった。ほとんどの日本人もそう思ったに違いない。韓国人ってそういう人間なんだよね。哀れだね。しかし、それが韓国人なのだから、どうしようもないよね。
  冷静にものごとを考えるという歴史、文化がないから、こういう国民が生まれるわけよ。韓国人は感情だけで生きている、感情が人の行動を支配する国、それが韓国だ。「火病」が国民病なのだが、国民みんなが「火病」だから、自分が異常だと気付くはずもない。それが韓国という国だ。
  いま韓国は国民大「火病」運動で、朴おばちゃんの弾劾、退陣運動が繰り広げられている。この国はいつの時代になっても、ひとつにまとまらない国だな。いいぞ、いいぞ、どんどん騒いで、国家機能が停止し、国家が破綻してしまえばいい。おかげで日本は日韓通貨スワップというボランティアをしなくていいし、韓国と付き合わなくていいし、うれしい限りだ。
  まっ、韓ちゃんは、国家が破産、破綻し、どん底を味わったほうがいいよ。少しくらいは冷静になるだろうし。なにっ!冷静にならない! あっ、それが韓国なんだよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)