1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトミントン、桃田選手、出勤停止30日。 あま~~~~~い!

   リオ五輪で、バトミントンメダル有力選手の闇賭博問題。有力選手が所属するNTT東日本が今日、処分を発表した。ロンドン五輪日本代表だった田児賢一選手が解雇、リオ五輪のメダル有力選手の桃田賢斗選手が出勤停止30日。他に賭博行為をしていた同社バドミントン部のOB2人を含む計6選手については厳重注意。
  この処分の差は掛け金の大きさで決まったらしい。主犯格といえる田児選手は1000万以上、桃田選手は4,50万賭けていたという。この差が処分の大きさの差になっている。仮に、50万で30日の出勤停止なら、5万では3日の出勤停止で済むのか。1万5千円しか賭けていなければ、実質お咎め無しだ。こういう処分でいいのかなー。闇賭博、つまり不法賭博だ。暴力団とのつながりが容易に推測される闇博打だよ。闇博打に金額の大小は関係ない。闇博打に出入りしたことが問題なわけだから、田児も桃田も同罪だ。しかし、そこにはバトミントン協会が、桃田には東京では何とかメダルを取ってもらおうと、ミエミエの甘い処分を課したとしか思われない。田児に同情するつもりはないが、何か、すべてを田児に被せて、この事件を一件落着させようという思惑が見え隠れする。これが一般の社会人だったら、闇博打に出入りしていたという事実だけで、即解雇。たとえ、それが新入社員でも。
  オリンピックでメダルを期待されるほど突出した技能をもっているにせよ、不法行為、それも闇博打をした人間をそこまで甘やかしてもいいのか。オリンピックメダル病にかかったアマチュア体育協会が、このようなスポーツバカをますます増長させていることに、いいかげん気付いてほしいよね。言っておきますけど、バトミントンなど、国民はそれほど興味はない。メダルが取れれば嬉しいが、是が非でもとは思っていない。こんなスポーツバカが1000万も2000万も稼ぐことが出来るスポーツが、アマチュアスポーツと言えるのか。
  ワシもそうだが、国民は妬みの目で見ているよ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
  
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント

スポーツバカのままにさせた弊害

こんにちは。

巨人の4選手が関与した野球賭博問題にも通ずるけど、今回闇カジノに手を染めて厳しい処分を受けた男子バドミントンの桃田賢斗・田児賢一両選手だが、違法な賭博に手を染めたことは断じて許されることではありません。大相撲の元関脇・貴闘力は野球賭博に関与したが為に相撲界から永久追放されたって言うのにねェ・・・!!

確かにヤクザの資金源が疑われるものに関わったことは、ヤクザに大義名分を与えるようなもので社会的な影響を考えたら許されるもんじゃない。

ただなぜ田児にだけ厳しい処分を与えて桃田にはそうじゃないのか? これは執行猶予的な意味合いが強いが、2020年の東京オリンピックを考えてやった感もするけど、違法賭博に関与しておいて猶予的な処分はないんじゃなかろうか。
どうもメダルを取ればそれでいいなんて考え丸出しだが、オリンピックに出てメダルを取ることが大事と限らない、それ以上に大事なことはスポーツマンシップを順守しスポーツマンとして以前に人として良識ある行動と責任を持つことです。大それた不祥事を起こしておいてお咎め無しに等しい処分じゃ芸能界とさほど変わらない。

正直言って日本のスポーツ界はどうもスポーツの技術ばかり教えて人としての常識やモラルなどを全然教えてない、いわゆるスポーツバカにさせてる感がするが、教育現場に置き換えれば勉強一辺倒で道徳や倫理と言った人間教育を軽視したことで大人になり切れないガキなままの大人を増やしたのと同じです。だから今回の桃田・田児両選手や巨人の4投手、清原和博や貴闘力のような不祥事人間を出しちゃったんじゃないかと思うんです。

追記します

先のコメントについてですが、関連する記事を私のブログでも取り扱ってますので良かったら見に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-5463.html

Re: 追記します

> コメントありがとうございます。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-5463.htmlにコメントさせていただきました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。