1. 無料アクセス解析

自衛隊機墜落事故よりもバトミントン選手闇賭博事件のほうが大事?

  鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地を離陸した航空自衛隊のジェット機「U125」が墜落した事故では、搭乗していた6人全員の死亡が確認された。殉職された自衛官に哀悼の意を表したい。
  国を守るという高い志を持って入隊した自衛官が、志半ばで生を終える、本人の無念さは如何ばかりだろうと思うと自分も涙を禁じ得ない。政府には残されたご家族に最大限の支援をお願いしたい。しかし、いつも自衛隊の殉職事故のたびに思うことだが、事故のとり取り扱いが冷たい。テレビ局各社も映像でニュースを報じていたが、事故があったという事実を報じ、キャスターの「無事を祈っています」という、気持ちのこもっていないコメントを発するだけで、そこには事故への同情など微塵も見られなかった。
  ちょうどこの時、バトミントンのオリンピック有力選手の闇賭博問題が世間を騒がせていたため、こちらの方がニュースの一面になっていた。自衛隊機事故の翌日だったと思うが、ワシはNHKの23時の報道番組を見ていた。この事故を報じていたが、アシスタントのキャスターが軽く流すだけでメインキャスターはコメントなし。次にバトミントン選手の闇賭博事件に移り、ここでは自衛隊機事故よりも長い時間報じ、キャクターも生き生きとして、コメントまで出していた。自衛隊員が殉職したという哀悼の気持ちよりも、スポーツバカ選手のことのほうが大事といったスタンスだった。これがNHKのスタンスとも言える。
  今回の自衛隊機事故では新聞も、それほど大きくは扱っていないし、突っ込んだ取材もしていない。安保法が3月29日に施行されたばかりだが、マスコミおよび左翼陣営はまだ廃案を主張して、世論誘導をしている。この事故を大きく扱うことで、国民の目が自衛隊に向くことを敬遠し、自衛隊に同情する声が大きくなることを嫌ったと思われる。こういう世論操作をするのが日本のマスコミだ。
  ピースボートが主催する「世界一周の旅」青年の船がインド洋あたりで海賊に襲われないかな。マスコミ、辻元清美ちゃんや野党のみなさんがどういうことをおっしゃるか楽しみだなー。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント

自衛隊に対するリスペクトがなさ過ぎ!!

おはようございます。

確かにバドミントン選手の闇カジノ関与は問題だけど、自衛隊員の殉職の方が問題だと思いますね、国の名誉を胸に入隊してきた者に対して敬意を示すのは当然のことだし、その自衛隊に対してマスコミはもうちょっと敬意を示すべきなんじゃないでしょうか。
自衛隊機墜落事故は自衛隊員が6人死ぬと言う痛ましい事件で、大々的に報じて犠牲者に哀悼の意を示すことが普通なのに、それが出来ないんでしょうか? マスコミは!! 愛国心もヘッタクレもない。オリンピックだけが愛国心じゃないんだよ。そんなに自衛隊を邪険に扱ってホント極めて遺憾じゃ済まないです。自衛隊及び防衛省は抗議していいくらいだよ。

Re: 自衛隊に対するリスペクトがなさ過ぎ!!

> コメントありがとうございます。

自衛隊の存在を認めている政党の党首ならば、この事故のとき、何を差し置いても、哀悼の意を表明すべきと思います。
政治家も、自衛隊にリスペクトの気持ちがあれば、いろんなインタビューのときでも、それをさえぎってまず、哀悼の意を表明すべきでしょう。こういうことが出来ない、しない政治家が、どこまで本気で国防を語っているのか、疑心暗鬼です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)