1. 無料アクセス解析

舛添は、相手が韓国だと、まともな判断ができないようだ。

  3月17日のブログ、「東京都、高校跡地を韓国学校に貸与。なんで反日のための学校に公有地を貸すのか?」のつづき。

  舛添は、韓国学校用地として、都立高校跡地を有償で貸与する方針だが、その理由が、朴おばちゃんからの頼まれたことと、日韓友好がその理由らしい。日本の首都の首長も、親中議員と同じように「日韓友好」病にかかっているようだ。
  韓国がこれまでような友好をしてきたというのか。2020年のオリンピック開催地決定のときに、東京開催を妨害したのはどこの国だったっけ? 明治日本の産業革命遺産群の世界遺産登録を強烈に阻止しようとした国はどこだったっけ? 2月に韓国のソウルで予定していた東日本大震災からの復興イベントを、当日になってドタキャンしたのはどこの国だっけ? 2014年7月、ロッテホテルで開催予定だった自衛隊創設60周年記念のレセプションを前日になってドタキャンしたのはどこの国だっけ? 仏像盗んで、相手が日本だと返還しなくてもいい判決だしたのはどこの国だっけ? 地元韓国の新聞記事を引用して、朴おばちゃんの記事を書いて、名誉棄損で1年半も記者を拘束したのはどこの国だったかなー。歴史をねつ造して、日本に補償金をたかる国はどこの国かしら。これらみーんな、舛添には友好に見えるのだろうね。
  朴おばちゃんに会うと、瞳がハート型になり、よだれがダラー、トム&ジェリーのトム状態になるのだろう。よっぽど朴おばちゃんが好きなようだ。あばたもえくぼという諺もあるしね。舛添にとって韓国は何をしてもバラ色に見える国、何をしても許せる国だ。猫がマタタビで恍惚状態になるように、舛添にとって韓国は、マタタビと同じだ。
  韓国の妨害で、2020年のオリンピック開催ができなかったとしても、舛添は韓国学校に都有地を貸与したのかなー。やつなら、やりかねんな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)