1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺した生徒は、日教組による職業差別の犠牲者だ!?

  広島県府中町の町立府中緑ヶ丘中学校の 3 年の男子生徒が誤った非行歴が原因で、担任教諭から志望校の推薦を得られないと言われ自殺をした事件は、日教組担任による自衛隊員子息に対する報復という見方がインターネットで見られる。ご存知のとおり、広島県は日教組が日本でもっとも強く、過激な県だ。とくにこの事件があった府中町や、隣接する世羅町などは特に激しいと聞く。日教組教員が自衛隊を敵視して、その子息に冷たく接していることは昔から知られていた。みんなの前で、「この子のお父さんは、人殺しをする自衛隊の人です」とあからさまに紹介されたというニュースも過去にはあった。実は自殺した生徒の父親は自衛隊員という。だから、生徒の非行記録の間違いは前からわかっていたが、これを言うと、当該中学の日教組の極左活動家が、「自衛隊員の子供を助けるのか!」と凄まれ、誰も口出しできなかったという声もある。つまり、自殺した生徒は、日教組から職業差別を受け、殺されたに等しい。これが日教組の本当の姿なのだ。

  父親が自衛隊員ということで職業差別を受け、嫌がらせを受け、自殺に追い込まれた。

これがこの事件の真相か?

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。