1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やられたらやり返せ!  それが外交の相互主義だ。

  韓国にやられた、やられたと騒ぐばかりが能じゃない。やられたら、倍返しとまではいかなくても、同等規模をやり返えせばいいではないか。ワーワー、ワーワー騒ぐだけでは、何の前進もない。日本が何もやり返さないと思っているから、韓国にいいいようにやられるのだ。日本も韓国食品の輸入を全面禁止しろ! 韓国食品なんぞ、日々の生活には全く必要ない。日本と韓国、どっちが困るかのー。

本日の産経ニュースから引用する。

東京電力福島第1原発事故から5年がたつのに、いまだ福島を苦しめる事象がある。それは「風評被害」だ。特に外国からの風評が根強い。2月に韓国のソウルで予定していた東日本大震災からの復興イベントが「原発事故で放射能に汚染された食べ物を食べさせるのか」という市民団体の不当な主張により、開催当日に急遽中止になったのは象徴的だった(これに対するブログを以下に再掲する)。福島では徹底的な検査で、基準値を超える放射性物質に汚染された物は出回らない。汚染されていると主張するなら根拠を出すべきだろう。そうした「科学」を軽視する韓国の姿勢に怒りが渦巻いている。

<再掲>
ワシは2月20日のこのブログで「やっぱり、韓国人は低民度だけど、日本の外務省もほんとバカだね。」を書いた。ソウルで東日本大震災からの復興など日本をPRする行事に、福島の復興もPRをする予定だったが、当日になって行事が中止させられた。「原発事故で放射能汚染された菓子を食べさせるのか」と市民団体から圧力があり、行政が開催許可を出さなかったということのようだ。この記事の続編が、今日の産経ニュース(WEB版)に署名入りで載っていた。
  関係者は何ヶ月も前から準備をし、2日前には福島PRの決起集会を、前日には韓国政府関係者らを招き前夜祭的な催しまでしたという。記者はソウル福島県人会の会員で、このイベントで原発事故の風評を払拭したいと取材を意気込んでいた。ああー、それなのに、それなのに・・・・。この“非情のドタキャン”に、無念さが滲み出ている。悔しいながらも、「次回はぜひ開催しましょう。絶対に取材に行きますから」と、そう伝えて別れたということだ。
  ちょっと待って。まだ韓国で福島PRをやるつもりなの? こんなことまでされて、それも2回も続けてだよ。前回は、2014年7月、ロッテホテルで開催予定だった自衛隊創設60周年記念のレセプションが前日になってドタキャンされた事件だ。ここまでバカにされて、まだ韓国でPRしたいのか。韓国という市場がそんなに大きいのか。ワシには到底そのようには思われんのだが。
  なんで日本人は、中央政府も、地方自治体も韓国に及び腰なのだろうか。腫れ物にでも触るように、韓国の機嫌を損ねないように、穏便に、穏便にと、日本が頭を下げて、「行事を開催させてくださいませ」と平身低頭している姿が目に浮かぶ。 韓国人は、強い者には媚び、弱いものには尊大になり苛める。それが韓国人の気質だ。そんな韓国をこれまでいやというほど見てきたのに、まだ韓国に未練があるのか。これだから、日本人は韓国人にバカにされるのだ。ワシが福島県民だったら、もう韓国でのPR行事や物産展は止めろと声を荒げたい。税金の無駄使いだ。そして、福島県でも韓国関連行事など開催しないし、させないことだ。
  市場は韓国だけじゃありませんよ。目をちょっとそらせば、民主主義、法治主義が確立されて、もっと信頼のおける国民、成熟した国家がたくさんありますよ。それが見えないんですか、福島県民は。目を覚ましなさい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。