1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護市長ら国会周辺で気勢 「沖縄の民意に従え」とね。何言ってんだ、このバカたれが!!

  21日の産経ニュース(WEB版)に以下のニュースがあった。何これって思ったので再掲する。

   SEALDsメンバー、名護市長ら国会周辺で気勢 「沖縄の民意に従え」

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する集会が21日、全国各地で開かれた。東京では、参加者が手をつないで国会の周りを囲み「新基地建設絶対反対」「辺野古を守れ」と訴えた。東京の集会は市民団体が主催し、約2万8千人(主催者発表)が参加。国会周辺の歩道では、辺野古の美しい海をイメージした青いジャンパーや青い布を身に着けた人たちが「沖縄の民意に従え」と声を上げた。 名護市から駆け付けた稲嶺進市長は「正義と道理はわれわれにある。民主主義や地方自治をないがしろにする政権を許すことはできない」とあいさつした。安全保障関連法に反対する大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」のメンバーで、宜野湾市出身の国際基督教大4年元山仁士郎さん(24)は「7月には参院選もある。頑張っていこう」と呼び掛けた。

  1月24日に投開票された宜野湾市長選挙は何だったのよ。辺野古移設賛成派と移設反対派の戦いだったはずだ。そして移設賛成派が大勝した選挙戦だった。だから地元の民意は移設に賛成したんだよ。何が「沖縄の民意に従え」だ。民意に従うならお前たちこそ、選挙の結果を受け入れて、辺野古から退散しろ! そして名護市の稲垣市長はよっぽどバカだね。「正義と道理はわれわれにある。民主主義や地方自治をないがしろにする政権を許すことはできない」とは誰のことを言っているんだ。まさにこの反対集会に動員されているSEALDs(シールズ)と左翼分子のことではないか。
  自分たちの主張に反するものは認めない、都合が悪い結果は無視し、抹殺する。これぞ社会主義、共産主義者の生きざまよ。絵にかいたような左翼さんたちだね。この人間たちを、無償で北朝鮮に送りましょうか。金豚ちゃんのために一所懸命に働けとね。喜ぶだろうなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ  
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。