1. 無料アクセス解析

日韓通貨スワップは 「小刻みスワップ」 で行け!

  日韓通貨スワップが再開される。あれだけ日本を貶めてきて、前の通貨スワップへの感謝の気持ちもない韓国に、それも韓国自らが「そんなのいらん!」と延長を断っておきながら、何で日本が、ホイホイと再開に応じなければならないのか。国民の多くが同じように思っているだろう。安倍首相は大局的な見地から再開を決定したのだろうが、国民の気持ちをわかってほしいと思う。
  再開するなら、韓国にしっかりと言うべきは言って条件をつけてもらいたい。韓国は再開される通貨スワップでも感謝する気持ちはさらさらない。彼らの根底には「用日」つまり「いかに日本をうまく使うか」、この発想しかない。だから、日本もしっかっりと条件をつけてそれをけん制しなければならない。

         スワップの上限額は30億ドルとする

  前のスワップの時のように、上限額を130億ドルや700億ドルとするのではなく、一協定30億ドルとする。上限額を超える場合は、その都度韓国が公式要請し、30億ドルを上限として再延長する。延長したければ、その都度日本に頭を下げに来い!
つまり、30億ドルの小刻みスワップ交換だ。韓国がまたも反日外交をしたら次の延長はなしよと圧力をかける。安倍首相が靖国参拝して、韓国がまた騒いだら、「では、通貨スワップの延長は無しにしましょうね」と言えばいい。
  これくらいのことをやってもらいたいよ、安倍ちゃん。それが、国益にかなう外交でしょ。国民が「おおっ!!」ということしてくださいね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

おはようございます!

管理人さん、いいアイデアですね。イヤガラセ防止対策を取り決めのときに入れておくべきですよね。慰安婦日韓合意といい、これといいアメリカの影が・・。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)