1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に来る台湾人観光客のみなさん、堂々と母国語でしゃべってくださいね。

  中国人の爆買いや、観光地でのマナーの悪さが世界的に有名になっているが、日本ではすでに社会現象にまでなっている。ワシの住む都市でも日常の光景と化し、もはや驚きもしないし、嫌悪感もしない。慣れてきたのだろう。慣れとは怖いものだ。
  中国人の日本でのこのような行動に対して、台湾人が中国人と見られないように、人前であまりしゃべらずに観光をしているということが、台湾、中国のメディアで報じられている。台湾人にすれば、我々は、中国人のように手あたり次第爆買いはしないし、唾も吐かないし、公衆の前で大声でしゃべったりしない。そんな中国人と一緒にされたくないという感じなのだろう。ある意台湾人の自衛策だろうが、気の毒な気もする。母国の言葉でしゃべることを遠慮しなければならないということは、アイデンティティーを否定されたようで悲しむべきことだと思う。そこには中国および中国人に対する嫌悪感が根底にあるように思う。
  確かにワシは中国人の言葉と、台湾人の言葉は区別がつかない。しかし、これはワシの主観なのだが、顔だち、ファッションや化粧の仕方、通路の歩き方などを見ると中国人だなと思うことはよくある。顔はちょっとキツイ、着るもののセンスも日本人とはちょっと違う、化粧はあまりしていないか、してもどこかケバケバしい。通路ではキャリーバックを引きずり横一列で歩く。台湾人はほとんど日本人との区別はつかない。驚き方や喜び方は、ほんと日本人と区別がつかないね。
  ワシは、このブログでもよく中国人のマナーの悪さを批判するが、それは中国人全般を言っているのではなく、マナーの悪い中国人を批判している。しゃべっている言葉の問題ではなく、彼らのとる行動を批判しているのだ。だから、台湾の人には、日本でも堂々と母国語をしゃべって、楽しい観光にしてもらいたいと思う。そして、日本のいいところを世界に発信してくれれば嬉しいし、ありがたいと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。