1. 無料アクセス解析

慰安婦問題日韓合意。日本のマスコミが騒がないので、やっぱり日本は負けた交渉だったんだね。

  慰安婦問題、日韓の合意。韓国では、この合意に反対する大規模集会が行われたり、韓国最大野党が反対声明出したり、慰安婦だった韓国人女性が日本政府を相手に賠償を求めた調停を、ソウル中央地裁が訴訟を開始する決定を出したりと、この合意が確実に履行されるかどうかまだまだ不透明な雲行きだ。
  だが、日本では、インターネット上では、保守系のサイトで批判的な意見が出ているものの、マスコミはあまり騒いでいない。この合意を実現した安倍首相を褒めたくはないが、好意的な評価をしている。この合意はおかしいとマスコミが騒げば、そんなことはあり得ないのだが、合意が白紙に戻る可能性があることをマスコミは理解している。だから、おとなしくしている。それは日本政府の決定を支持するというよりも、韓国の国益を守るために合意を好意的に評価し、その問題点を追及しないだけだ。
  マスコミが評価するということは、日本にとっては良くないということだから、このマスコミの対応を見ても、今回の合意が日本に不利だったことがわかる。これが、アメリカとの交渉事であれば、マスコミはあること、ないこと書きたて、国民世論を煽り交渉を決裂させようとしたことは容易に推測できる。
  この合意が、日韓通貨スワップの再開、平昌オリンピックの経済支援など、日本国民の血税をドブに捨てることにならないように注視する必要がある。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

マスコミはどっちの味方よ!?

こんにちは。

迎春・今年もどうぞ宜しくお願いします。

慰安婦問題の日韓合意妥結について、どうも日本のマスコミはあまり扱ってない感じがするが、どうも韓国の肩を持ってんじゃねェのかと言いたくなる。正直言って日本のマスコミはどうも愛国心がなさ過ぎるとしか思えないし、一体どこの国の味方なんだとすら言いたくなる。

変にマスコミは騒ぎを大きくして関心を惹こうとする姿勢はいつの時代も変わらないが、客観的な見方を持たずに自分たちは正しいと思い込んで騒ぎを大きくしてるとしか思えないけども、中立性を知らないどちらか一方の肩を持って報じるのは偏向報道にも他ならないし、だから日本のマスコミは客観性を知らないと指摘されるんじゃないのかと言いたくなるし、その典型例が記者クラブ制度にあるのは言うまでもない。

今回の妥結、どうもまた反故にされるんじゃないかと懸念すらしたくなるし、マスコミはそう言った論点を持って報じなければなりません。

Re: マスコミはどっちの味方よ!?

> あけましておめでとうございます。
本年も、おつきあいの程、よろしくお願いいたします。

慰安婦問題の日韓合意。さまざまな意見がある中、日本のマスコミおよび左翼は、どちらかというと好意的に捉えているようです。それは、安倍首相を称賛するわけではなく、日本の立場を支持しているわけでもないのです。韓国の国益のため、日本にダメージを与えることになるから好意的に評価しているのです。日本のマスコミは、左翼運動家の巣窟ですから、間違っても自民党政府を支持したりはしません。口では反権力などと言っていますが、それは反自民であり、反保守という意味での反権力です。民主党政権のときのマスコミを見てもわかるように、かれらは反自民、反保守であれば、節操なくどこともくっついてしまいます。そしてそれが社会主義および共産主義政権になれば、政府の情宣機関として豹変するのです。それが日本のマスコミの最終的な目的です。そういうマスコミですから、彼らに公平、中立的に報道しろと言っても無意味です。新聞はどういう思想で報道しても構わないと思いますが、テレビは公共の電波を使って、しかも特定の放送局にしかその公共の電波が割り振られていないのですから、それをいいことに自分らの思想を垂れ流すことは不当、不法です。だったら、放送局も完全自由化し、いろんな意見を持ったマスコミを参入させるべきです。NHKも完全に民営化すべきですよね。
日本のマスコミは、このような立場ですから、マスコミが反対する方向に日本の国益があります。新聞やテレビは報道の反対を読むようにしています。それとインターネットにはマスコミが報道しない事実や真実が載っていますので、こちらのニュースのほうがよっぽど役に立つと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)