1. 無料アクセス解析

安倍ちゃん、また梯子外すの?

岸田外相の電撃訪韓。ワシが心配していたとおり、日本が妥協案を持って行ったようだ。元慰安婦にまた生活支援金を渡すだの、新たな基金を作るだの、元慰安婦たちに安倍首相が謝罪の手紙をだすだの、いろいろと報じられている。急きょ、外相を訪韓させたのだから、何らかの手土産を用意していると見るのが妥当であろう。日本側も韓国に対し、日本大使館前の慰安婦像の撤去や、二度とこの問題を蒸し返さないという確約文書の交換など、朴大統領に解決の覚悟を突き付けているようだ。韓国政府がどう出るか予断を許さない状況だ。しかし、どうして日本はいつもこのパターンなのか。これまでの対韓外交から一体何を学習してきたのかと、あきれるのと同時に失望に堪えない。やっぱり安倍は最後のとどめがさせない性分だと思う。安倍は政権を投げ出し、自民党が下野した時分、そして自民党総裁選挙の時、第一次安倍内閣の時に靖国神社を参拝しなかったのは痛恨の極みと言った。第二次安倍内閣が発足した時には、必ずや靖国神社を参拝してくれるものだと信じていた。政権発足当初は、対中関係も冷え切っていたので、そういうそぶりを見せていたが、やはり決断ができず、榊の奉納でお茶を濁してきた。日中関係が好転の兆しを見せてきたら、かえって靖国参拝などできなくなる。安倍は首相在任中に靖国神社を参拝することはないであろう。韓国との関係においても、この慰安婦問題をはじめ、スワップ協定の延長、戦時徴用工の問題などあったが、これまでの自民党政権とは違って、日本から土下座するそぶりをみせてこなかった。韓国はもう、のど元まで経済破綻の危機が迫っている。日本が何もしなくても、韓国側から妥協してくるのが見えていたはずだ。なぜ、それまで待てなかったのか。岸田訪韓の交渉が、どう展開するかは不明だが、日本が用意したと言われる案で妥結したのなら、安倍は国民に期待を持たせるだけ持たせて、最後は梯子を外す。とどめが刺せないとはこのことだ。安倍の性分なのだろう。国際政治は冷徹であり、温情は命取りになることもある。そう考えると、安倍という人間は、国益という国民の財産を背負って、どす黒い国際政治で戦うには、あまりにもひ弱ということか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)