1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国憲法裁判所は違憲判断する勇気も、度胸もなかったということか。

12月23日のブログを再掲する。

  韓国憲法裁判所は23日、1965年の日韓国交正常化の際に締結された日韓請求権協定で、韓国人の個人請求権が「完全かつ最終的に解決された」と定めたことが「違憲だ」とする訴えについて、「(訴えの)適法要件を満たしていない」として、違憲性についての判断はせず、却下した。ワシはこのブログでも書いた通り、韓国司法が原告の訴えを認め、違憲と判断してほしかった。その結果、日韓請求権協定が反故になり、日韓外交関係が破たんの方向に動けばいいと思っていた。
  断念ながら韓国憲法裁判所は憲法判断をせず、門前払いで原告の訴えを却下した。韓国憲法裁判所とはいえ、そこは韓国の司法。国民感情が法を支配する国、国民が喜ぶように違憲判断を出したいところだが、一方で対日関係をこれ以上に悪化させることは国益にそぐわないと判断したと思われる。先の産経新聞前ソウル支局長の起訴、出国禁止で、世界中から言論・報道の自由に対する弾圧と批判され、これに今回また違憲の判断を出せば、韓国は国際法も遵守しない国というレッテルを貼られる。このことも判決に大きく影響したのだろう。まあ、韓国という国はそういう国なんだなと思った。
  
  日本に対して、穿った対抗意識から常に上から目線で物を言い、ことあるごとに金銭を要求し、世界で日本を貶めてきたが、いざ日本が本気で怒るかもしれないと思うと、へなへなへなと腰が引ける。あの強がりはどこへ行ったのやら。日本に対してワーワーと声高に喧嘩を売ってるようで、本心では日本と喧嘩する度胸などみじんもない。弱い犬ほどよく吠えるというが、韓国のためにある言葉だ。
  これまでは、韓国が騒げば自民党政府が、無判断に只々土下座して、黙って金を渡してきた。そういう癖がついているものだから、最後まで強気で押せば、必ず日本は妥協すると思っているふしがある。その考えに疑念を持たせたのが皮肉なことに民主党政権だった。韓国との縁がなかった分、腐れ縁もなかった。スワップ協定の延長問題や、李明博大統領の竹島不法上陸など、自民党政権よりはしっかりとした対応をしていた。安倍政権になり、また自民党手法が通じると思った韓国が従来通りの恐喝外交を展開したが、そこはどっこい、安倍政権はこれまでの自民党政権と違う。日本から頭を下げてまで付き合う国ではないというスタンスで韓国外交を展開している。それをようやく韓国が理解するようになってきた。今回の韓国憲法裁判所の判断はその表れだろう。
  韓国がこれまでワーワー騒ぎ、金を無心してきたのはしょせん、日本に対する甘えでしかない。ガキが床に寝転んで、手足バタバタさせて「カネくれ~!カネくれるまで大声出すぞ~」と騒いでいるのと同じだ。
  韓国人はしょせん、ケツの穴が小さい民族よ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。