1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生みんな黒のランドセル。なぜ、赤じゃダメなの?

  ワシは16日に仕事で東京に出張した。16日は東京に泊まり、翌17日朝から帰った。山手線に乗る8時ころ、ちょうど小学生が多数電車から降りてきた。この駅の近くに学校があるのだろう。全員同じ帽子をかぶって制服を着ている。私立の小学校と思われる。みんな同じ型のランドセルを背負っている。しかし男も女もみんな黒色のランドセルだ。
  これを見たとき、「あーあー、ここもジェンダーフリーか」と思った。ジェンダーフリーとは、固定的、慣習的な性別による役割分担を止め、性別による固定された通念を打破することだ。つまり性差の否定だ。女の子だから赤だよとか、男の子だから泣いちゃダメとか、大きくなったら看護婦さんになるとか、これまで社会通念としてきた価値・判断基準を否定して、性差に関係なく男女同権、男女平等を訴える思想だ。この小学校でもこの思想がはいっているのだろう。広島に出張したときも同じ光景を見た。そこもみんな黒のランドセルだった。
  ワシはこのジェンダーフリーという思想は認めないし、この思想にはある特定のイデオロギーが隠されていると思っている。だが、ここでそれを論じるつもりはない。女だから赤、男だから黒という固定観念を破るのなら、なぜみんな赤いランドセルにしないのか。そもそも、こういう思想を教育現場に持ち込むのなら、なぜランドセルの色は自由にしないのか。今は個性を大事にする、自分らしさを表現するなどと言っているではないか。
  ジェンダーフリーを叫ぶ一方で、一方の性別の固定観念色に統一したり、個人の自由を認めるどころか、全校一色に統一したり、やっていることがチクハグというか、首尾一貫していないんじゃないの。
  ジェンダーフリーという思想は、しょせんこの程度の思想なんだよね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

おはようございます!

管理人さん、こうなっているのですか!? 初めて知りました。この思想にはある特定のイデオロギーが隠されている<みんな赤いランドセル・・<同感でした。

小学生がランドセル背負うのも日本だけの」伝統」。それを破壊しようとする裏の勢力の存在を感じます。由々しき事態です。なお、うさぎ屋さんとこから飛んで来ました。

Re: おはようございます!

> おはようございます。コメントありがとうございます。

ランドセルもそうですが、この思想の延長で、男はズボン(パンツ)、女はスカートという既成概念もおかしいと文句を言って、男女ともに制服をパンツにした学校もあります。これも同じで、だったら、なぜみんなスカートにしないんですかね。このジェンダーフリーは単なる性差の否定にとどまらず、社会通念、常識、慣習の否定、つまり社会秩序の破壊を目的にしているのです。社会秩序を破壊するということは、共産主義革命の常とう手段です。このため、日教組がこの思想を教育現場に取り入れ、枝葉もわからない子供のうちから、こういう思想を徹底的に頭に植えつけ、洗脳しているのです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。