1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国公衆トイレ爆破を批判できないボンクラ大学教授。

  4日、仕事で早朝に家をでた。朝日が昇る前で、ワシはラジオを聴きながら運転していた。今週に起こったニュースを振り返り、コメンテーターが感想を述べていた。その中に、靖国神社の公衆トイレ爆破事件があった。犯人と目される韓国人はすでに出国し、韓国に帰国している。身柄の引き渡しも含め、日韓の捜査協力が必要になるが、このコメンテーターは開口一番、「彼が政治犯になれば、日本は何も手出しができなくなる。」とのたまった。さらに、「今、日韓関係に改善の兆しが見えるなか、対応を誤ればこの関係改善の兆しを無にしてしまう。靖国問題は、韓国と日本では捉え方がちがうし、微妙な問題でもあるわけで、慎重な対応が求められる。」と締めくくった。靖国神社の公衆トイレを爆破したことを非難することもなかったし、韓国は法と正義に基づいて、犯人の引き渡しに応ずるべきだという意見も出なかった。この件に関しては、日本政府の方が慎重に対応すべきと言っているようなものだった。
  このコメンテーターは地元のボンクラ大学の教授らしいが、教授までも学生に負けないくらいにボンクラであることを、公共の電波で証明してしまった。この事件、日本は被害者だ。それも爆発物を造り、不特定多数の人が利用する公衆トイレを爆破している。規模こそ違え、フランスで起こったISによるテロと同じだ。こういう非合法を堂々と非難できないような人間に平和だの友好などと発言させるな。この犯人を韓国が匿うというのなら、日本はテロ支援国家とは付き合わないと宣言すべきだ。韓国などと付き合わなくても日本は何も影響はない。むしろ低民度の人間が日本に来ず、日本の規範が壊されないことのほうがよっぽど嬉しいぜ。
  このコメンテーターが日本人かどうかは知らないが、マスコミにいる典型的な反日日本人の一種だ。日本=悪、韓国=善、中国=善。日悪韓善中善教というカルト教団の信徒だろうね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。