1. 無料アクセス解析

あーあー、また「一定の配慮」か。

  日本が世界文化遺産に登録を申請していた「明治日本の産業革命遺産」に対して、韓国が登録妨害工作を展開していたが、日本が一定の配慮をすることで決着、世界文化遺産に登録された。何とも後味の悪い登録結果だ。
  明治日本の産業遺産については、登録名にもあるように明治期に造られた施設の歴史的価値を、イコモスが認めて世界遺産に登録するようユネスコに勧告したものだった。しかし、韓国には歴史という概念が存在しないから、これら施設が韓国人が強制労働された施設だという前提で登録しろと、日本及びユネスコに言いがかりをつけてきた。韓国の主張は歴史的経緯、主張する論理構成など支離滅裂だが、火病になっているものは手に負えない。結局、日本が一定の配慮をするということで登録させてもらった格好だ。つまり、韓国の主張を一部認め、これら施設の一部について、「意思に反して」連れてこられた朝鮮半島出身者らがいたと認めた上で、犠牲を記憶する施設を設けることで決着した。
  ワシは、はっきり言おう。こういう配慮までして、「明治日本の産業革命遺産」を世界遺産に登録する必要はないし、してもらわなくて結構だ!
  日本政府がなぜ、そこまで世界遺産登録に拘るのか。世界遺産に登録されたら、現状と何が変わるというのか。地元は、これにより観光客が多くなり、地域の活性化につながると言うだろう。つまり、世界文化遺産登録は、地域の経済振興策の一環というわけだ。安倍首相をはじめ、これら施設がある町が、地元の先生にお願いして、世界文化遺産に登録されるよう働きかけたのだろうよ。だから、当初から、施設の歴史的背景よりも、経済効果が優先されているのだ。その結果、日本は、韓国人の強制連行はないと言いいながらも、「明治日本の産業革命遺産」の一部は、強制的に連行され労働させられた施設として、世界文化遺産に登録されてしまったのだ。いくら日本が、これはそういう意味ではないと言ったところで、世界はそのように解釈するし、何年か後には、韓国がまたこれをネタに、損害賠償を請求をしてくることは目に見えている。これまで何回も、韓国に騙されてきたのに、また同じ轍を踏む。いったい日本の政治家、官僚は韓国の何を怖がっているのか。譲歩しなければならない弱みでも握られているのか。
  日本の交渉姿勢にも問題があると言わざるを得ない。所詮政治家も大臣も、官僚もこのポストを2年も務めるわけではない。自分が関わったとときに世界遺産に登録されたという事実だけを残しておきたかったのだろう。だから、これから波及するであろう懸案は、後任が処理することだから自分は知らんというつもりのようだ。日本人もここまで落ちぶれたんだね。そして、韓国人が「意に反して」連れてこられ、労働させられた施設がある町にとっては、これほど屈辱的な、不名誉なことはないだろうよ。だって、この不名誉が世界遺産として登録されるんだからね。こういう不名誉を売り物にする施設には、ワシは絶対行かない。
  あえて言う、こういう世界遺産はいらん!! 早く返上しろ!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)