1. 無料アクセス解析

「明治日本の産業革命遺産」が非登録になってもいいではないか。そのかわり・・・・・。

  「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録の雲行きが怪しくなってきた。ユネスコ世界遺産委員会で「明治日本の産業革命遺産」の登録審議が、5日(日本時間5日夕以降)に持ち越される見通しとなった。いうまでもなく、韓国が登録反対のロビー活動を執拗に繰り広げていることによる。日韓両政府は、水面下で調整を続けているとのことだ。いったい何を調整しているのだろうか。審査はユネスコがするのであって、もはやまな板の上の鯉状態のはずだが。
  韓国が、登録の条件として、韓国人を強制労働させた施設だということを登録の条件にしろと言っているのだろう。明治日本の産業革命遺産群は、韓国が主張する時代以前の施設価値を認めて、イコモスが登録を勧告したものだが、理性が欠如している韓国人には理解されるはずもない。もう、今の段階になって何も言いたくないというのが日本および日本人の感情だろうが、韓国の、この執拗さでいつも敗北してきたのがこれまでの日本だ。日本人として、「バカにはまともにうてあうな」という感覚があるが、国際政治、外交関係で、今回ほどこれを感じたことはない。
  ワシは、今の段階で韓国と調整などする必要はないと思っている。ユネスコの審査結果をじっと待っていればいい。仮に非登録になったらなったでいいではないか。そういう非論理的、感情で左右される世界遺産の登録に何の意味があろうか。韓国につられて、日本がおどおどしている姿はみっともないし、日本の品位が落ちる。日本はあくまでも「腐っても鯛」の姿勢を崩すべきではない。韓国はもともとキムチの国だから腐っているし臭いのが普通だ。また、火病という韓国人特有の精神病をもっているのだから、こういう相手に、まじめな論議をしてはいけない。こちらがおかしくなる。
  そういうわけで、「明治日本の産業革命遺産」が仮に非登録になっても、じたばたしないことだ。そして、これを機会に、韓国との付き合い方を見直すべきだと思う。あいさつする程度のお隣さんくらいの位置づけで、韓国には関わらないという姿勢が重要になる。だから2018年に開催される平昌冬季オリンピックについても、日本は決して関わったらいけない。資金の援助はもちろん、競技の分散開催にも協力してはいけない。ワシは、むしろこいういう方向になってもらいたいと思っている。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)