fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

政府は「拉致問題」の自然消滅を待っている。

 北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの母・早紀江さんは2月15日、東京で開かれた祈りの会で、「なぜ救出できないのか分からない」と苦しい胸の内を語り政府の対応を批判した。
 早紀江さんは2月4日に88歳になった。拉致被害者の帰りを待つ家族にはもう猶予はない。 一向に動こうとしない政府へのいらだちと怒りが現れた言葉だが、ワシにはあきらめというか落胆の表情に見えた。実は政府は救出するということを諦めているように見える拉致被害者が現存しなくなり、この問題が自然消滅するのを待っているようだ。そしてしかるべき時期に日朝国交回復し多額の賠償金を北に支払い、その代わりに北の経済発展を日本が仕切るというシナリオが出来ているのではないかと思う。それは現政権が作ったシナリオではなく、自民党に以前からあるシナリオだ
 自民党には二階を初め拉致問題を日朝国交回復の障害と考えている売国奴議員がたくさんいる。口に出さないだけだ。死んだ野中広務もそうだった。今の自民党が政権にいるかぎりこのシナリオは変らない。野党はどうかと言えば自民党どころか、社民党のように拉致に間接的に加担した党もあり、立民のように北朝鮮シンパもいる。共産党は論外。結局どこの党が政権を取ったとしても拉致問題は進展しない。
 拉致問題を進展させるには日本保守党に政権をまかせるしかないのではないか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 自民党の腐敗 - ジャンル : 政治・経済