FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

日韓議連、韓国に御用聞きに行く・

 日韓議連の河村健夫幹事長ら自民党の6人が、31日から訪韓し、韓日議連の姜昌一会長らと面会、徴用工訴訟問題や韓国によるGSOMIAの破棄決定など悪化する日韓関係について意見を交わすという。
 この時期に行って何を話すのだろう。河村は、「こういう時期だからこそ、議員レベルの話し合いが大事。関係改善のため政府間協議を補完していく」と言うだろう。そういって何十年も、何一つ日韓の相互理解に貢献してこなかった結果がいまの日韓関係だ。あえて言うなら、韓国の国益にばかり貢献してきたので、韓国から見れば勲章もの、日本から見れば市中引き回しの上打ち首獄門だ。
 今の日韓関係、互いの政府の主張が折り合える状態ではないことは容易にわかる。日本から見れば、韓国の主張はまったく論点がずれているし、論理的ではない。根本問題の認識から日韓は相違している。議論の体をなしていない。こういう状況下で、河村らが韓国に行って、悪顔満面の韓日議連の姜昌一会長らと会談して、何か建設的議論、得るものがあるのか。姜昌一会長に「おんどらぁー何考えとんじゃー。はよっ、ホワイト国に戻さんかいボケ!!」と一喝。河村ら「ュン! 安倍首相にお伝えしておきます。そのほかに何かお伝えしたいことはございませんでえしょうか。これからも日韓友好が大事ですね。やっぱり韓国のキムチはおいしい、マッコリもおいしい。韓国万歳!」で終わり。
 今回の日韓議連の訪韓、ワシには日韓議連が韓国に御用聞きに行っているとしか見えないんだが。糠(ぬか)が臭い会長、もとい額賀福死郎日韓売国奴議連会長、そうでしょ?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済