fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ウーマン村本、お前の平和論をウクライナやイスラエルで訴えてきてくれ。

 ウーマンラッシュアワー村本大輔(42)が28日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。「戦争発言」をめぐり、私見をつづった。村本は、「2ちゃんねる」開設者で元管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏が、ジャーナリスト櫻井よしこ氏の戦争に関する投稿に対し”アンサー”したことを報じる記事を添付。同記事では、櫻井氏が自身のネット番組の内容を紹介する際「あなたは祖国のために戦えますか」などと投稿した件について、ひろゆき氏が「櫻井よしこさんが、自分で戦争に行かないように、おいらも行かないと思います」とつづったことなどを報じている。村本は「勇ましく、国のために戦う覚悟を、と叫んでる人たちや、それを批判する人を、お花畑だーという人たちのほとんどが自衛隊に入らず、学者とか政治家という一番安全安心なところにいるのなぜなんだろう」と述べた。
 ワシは「祖国のために戦えますか」と問われれば「戦う」と答える。しかし、自衛隊には入らない。それはワシが高齢であり、自衛隊に入り訓練する体力もないし、ましてや戦争の前線で戦闘する技量も体力もないからだ。だからワシは自衛隊に祖国防衛を委任して、彼らに対する後方支援で貢献しようと考えている。これもワシにとっては祖国のために戦うことだと思っている。
 村本もひろゆきも、「自分が戦うつもりもないのに人に祖国のために戦えなどと言うな」と言うが、そしてこの論法は戦争反対、自衛隊反対論者がよく使う論法でもあるがガキの論法というか言い訳じみている。彼らは、自分が直に行動を起こして実行しないことは発言するなと言っているに等しい。
 日本は議院内閣制だから、国民の考え、思想を実現してくれそうだという立候補者に投票し、それによって選ばれた議員が同じ思想をもつ仲間と政党を作り、国民に一番支持された政党が内閣を組閣する。だから内閣は国民の総意を反映している。その内閣が自衛隊は必要と判断し、第三国の侵略を受けた時は戦う判断すればそれは国民の総意ということになる。だから「祖国のために戦えますか」と問われても、自らが戦う必要ななく、そのために自衛隊という組織を作り、戦争のプロフェッショナルを国民の税金で養成している。村本は「勇ましく、国のために戦う覚悟を、と叫んでる人たちのほとんどが自衛隊に入らず、一番安全安心なところにいる」と言うが、だったら言い返せばいい。「私たちは自衛隊に入る体力も能力もありません。だから自衛隊そして自衛隊員にお願いしているのです。それが何か?」と。
 「あなたは祖国のために戦えますか」「戦う」「だったら戦争に行きますか」。このような子供じみた議論を日本ではまともな大人が真顔でしている。この同じ論法で日本の反戦平和主義者に問う。「戦争は嫌だ。話し合いで解決せよ」「命が大事。人殺しは止めろ」「話し合いで解決できないものはない」と言うがだったらお前たちはウクライナ、ロシアに行って、またはイスラエルやパレスチナに行って、または中国・台湾に対して話し合いの労を取ったのか。話し合いの仲介を申し出たのか。人に「自らは自衛隊に入らないくせに」と批判するならお前らも「自ら行って話し合い解決の仲介もしないくせに」と言われていることを悟るべきだ。
 ウーマンの村本、ひろゆきよ、ウクライナ、イスラエルに行きますか?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

水道橋もウーマン村本も、オウム山本教の信者か。

 元れいわ新選組議員でタレントの水道橋博士(61)が、自身のX(旧ツイッター)を更新して、「たけし軍団」の先輩・東国原英夫氏(66)に対し意見した。れいわ新選組の山本太郎が現地避難者の実情と要望を聞くためとして被災地能登町を訪れた際に、避難所で炊き出しの温かいカレーを食べたことがSNS上で叩かれていることに、元そのまんま東の東国原が「山本君は悪い人間では無い。こういう時、行動派のスイッチが入ってしまうのかな?非常時は、冷静かつ俯瞰で見る事が必要だ」と批判的なXを投稿した。そしてひろゆき氏の「使えないおっさんより暖房器具の方がありがたい」というコメントに対し「そういう事」と同意した。
 これに対して水道橋が「東さん。やめましょうよ。そっちのポジションを取り続けるのは……」と苦言を呈した。水道橋は東国原が政権側に立った批評をしたことが気に食わないらしい。しかし批判されているのは山本の取った行動だカレーを食べたことよりも、避難者の置かれた状況、心中も考慮せずぬくぬくとカレーを食した山本の無神経さと、現地の状況も考えず、何の準備もせずただ無計画に現地に来た山本の軽さとスタンドプレーが批判されているんだ。山本のこの行動に同情の余地があるのか。水道橋はそっちのポジション(政府側)をとることに反対しているが、それは山本がどんな行動をとろうが関係ない。山本が好きだから反対するなと言っているのと同じだ。そういえばウーマン村本も過日Xで山本を庇っていた。これも心理は水道橋と同じと思う。好きな人間がすることならどんなことでも賛同するという、一種のカルトだと思う
 理性的な判断ができない人間は政治家になるべきではない。水道橋は辞めたから良かったが。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : バカ芸人 - ジャンル : 政治・経済

ウーマン村本はれいわの山本太郎が大好き。だから何をしても許してあげちゃう。

 報道によると、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(43)が7日、自身のX(旧ツイッター)を更新。れいわ新選組の山本太郎代表(49)が、能登半島地震の被災地に出向いて炊き出しを食べ、波紋を呼んでいることに私見をつづった。村本は「山本太郎議員が炊き出しでまわりに勧められてカレー食べたら『被災者の分がなくなったらどうするんだ』と叩かれてる。そんな少なくないよ?大きな寸胴で大量に作る。余る時もある。そしてみんなで同じ鍋のものを食べると心が繋がる。叩いてるあなたはそういうことやったことないから知らないと思うけど」と投稿。続けて「元々、山本太郎を嫌いな人がここぞとばかりに叩いてるだけでしょ」とし「たとえ政治的な考えが違う嫌いな人でもいまは頑張って、でいいやん。敵国の日本に今回、お見舞い電報送った金正恩を見習え」とコメントした。物議を醸している山本氏の行動については「『山本太郎のせいであの時列に並んでた私の分のカレーがなくなったのよ!!』って人だけが怒ってよし」と記した。(以上)
 村本は山本の行動に同情的だが、村本の言を借りると「山本を好きな人が好意的なだけでしょ」となる。炊き出しは寸胴でつくるから量は少なくない、一食くらい山本が食しても大したことないと村本は言うが、その寸胴で何人分作れるのかな。避難所には700人いたっていうけど。炊き出しの近くにいた人だけ温かいカレーを食することができるってことか。そもそも炊き出しをするということを700人の避難者に呼びかけたのかそれとも山本太郎とその仲間たちだけで食べてしまったのか
 山本が食べた一食がどうのこうのではなく、体一つで避難してきた700人がいる避難所で、今置かれている状況、避難者の心中を慮ることなく温かいカレーを食べた山本太郎の無神経さ、国会議員としての資質が批判されているんだ
 村本は「たとえ政治的な考えが違う嫌いな人でもいまは頑張って、でいいやん。」とう言うが、これが自民党議員だったら#(ハッシュタグ付き)のX(ツイート)で徹底的に叩きまくっていたのは間違いないと思う。所詮何事も、批判する人間は事の善悪ではなく、好きか嫌いか、イデオロギーがいっしょか違うかが、批評の1丁目1番地だ。好き、イデオロギーが同じなら好意的に批評するし、それが社会的に批判されていることなら批評せずに黙っている。村本のX(旧ツイッター)もこの程度のものだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

ラサールポンちゃん石井、「国家」についてもっと勉強しなさい。もう遅いけど。

 売れてないタレントのラサール石井が7日、X(旧ツイッター)を新規投稿。自衛官募集の標語にクレームをつけている。石井は陸海空自衛官募集のポスターに「国家を守る、公務員」と大書されていることに対して、「旧日本軍が国民を捨てた歴史を知っていたらここは『国家』ではなく『国民』だっただろうな」と批判した書き込みを引用した。その上で、「驚いた。自衛隊は『国民』を守るのではなく『国家』を守るそうだ。つまり体制を守るということ。」と重ねて批判。「体制を批判する者、体制の決めた事に逆らう者は、自衛隊から威嚇され攻撃される(その頃には軍隊だろうが)未来が見えてくる。」と記している。
 ラサール石井は本当にラ・サール高校を卒業したのか。金で裏口から入学したものの勉強についていけなくて落ちこぼれたんじゃないのかな。
 国家とは領土・そこに居住する人々を包含した統治組織、政治共同体のことだ。こんなことは中学生でも理解している。石井はほんとポンちゃんだよな。「旧日本軍が国民を捨てた歴史」とは具体的に何のことを言っているのか。自衛隊は国民を守るのではなく体制を守るから「体制を批判する者、体制の決めた事に逆らう者は、自衛隊から威嚇され攻撃される」とは言うべき相手を間違えていないか。北朝鮮や中国に向けて言ってほしいもんですな
 石井のこれまでのツイッターを見ると石井の思想は、極左、中核・革マル派いわゆる旧日本赤軍の連中が言っていることに近い辻元清美さん、福島瑞穂さん、阿部知子さん、お仲間が外野で騒いでいますよ。次期国政選挙に出たいってアピールじゃないの?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : バカ芸人 - ジャンル : 政治・経済

ラサール石井は何を言い訳したいのか。今ごろ言って何になるの?

 タレントのラサール石井が11日、ツイッターに新規投稿。「安倍さんを『嫌い』でもなければ『憎い』こともない。ただ総理大臣としての資質がない人が総理になって日本を衰退させた、と言ってるだけ。勤務評定に好き嫌いなどの私情は挟まないでしょう。」と安倍晋三元首相への印象をつづった。
 石井は安倍が大嫌いなはずだ。「大嫌い」とはっきり言えばいい。「総理大臣としての資質がない人が総理になって日本を衰退させた」などと理由をこじつけているが、嫌いではない理由の後付けにすぎない。いまさら「嫌い」でもなければ「憎い」わけでもないなどと言い訳しないで「大嫌い」「初めから大嫌いだった」と言えばいいのだ。石井がそう思っていると国民も思っている。
 自分の思想に合わない人間はみんな「資質がない」人間と判断するのが石井の流儀だ。それでいいではないか。妙な小細工などしないで「安倍は嫌いだ。安倍辞めろ!」の気持ちは今でも変わらないとなぜ言えないのか。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : バカ芸人 - ジャンル : 政治・経済