1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢はただの壊し屋か、それとも何か言えない裏があるのか

 社会保障・税一体改革関連法案が26日、衆院本会議ですったもんだの末可決された。小沢をはじめ57人の造反が出たが、数の多少はあるが既定路線として驚きはしなかった。ワシは法案の内容よりも、小沢はやっぱり「壊し屋」だなと改めて思った。新党を旗揚げするだろうがあとは時期の問題だけだ。
 この男、自民党時代は創政会、経世会と、自民党を壊した後、自民党を出て、新生党に始まり新進党、自由党、そして民主党とスクラップ&ビルドを繰り返してきた。この男がそういう星の下に生まれたのか、自らの意思でそうしているのかわからないが、おそらく後者だろうと万人が思っている。自分の思い通りにならないときは、とにかく現状をぶっ壊す。子供が思い通りにならない時に、おもちゃを投げて壊すのと同じだ。小沢ちゃんの頭はこの子供程度だということだ。
 では、小沢は何が気に入らずにぶっ壊わしているのか。それぞれの局面でぶっ壊す大義はあったろうが、要は自分が首相になる道を作るために壊し屋を演じてきたのではないか。小沢は1987年の竹下内閣では官房副長官に就任。続く1989年の宇野内閣期には経世会の事務総長に就任した。この時期、日米間の建設市場開放協議や電気通信協議といった困難な交渉を取りまとめたことで政界での評価を高めた。また、1989年の第一次海部内閣では47歳で党幹事長に就任している。小沢にとって、このころが最も首相に近かったのかもしれない。しかし、その後の小沢は亜流に走る。往時の口惜しさが忘れられず今でも首相への望みを捨てていないのではないかと思う。
 ワシには政治家小沢の国家観が分からない。小沢が自民党で権勢を振るっていた頃、ワシは自民党は保守本流と思っていたから、当然党の実力者である小沢も保守を名乗るにふさわしい政治家だろうと思っていた。しかし、小沢が自民党を出てからの彼の国家間というか思想が皆目わからなくなった。とくに民主党にいるときの彼の言動には目、耳を疑った。韓国に行って外国人参政権の成立を約束したり、天皇のルーツが韓国にあると言ったり、中国の胡錦涛に子分、支持者600人を引き連れて朝貢外交したり、日米基軸を否定する日米中正三角形論を言い出したり、在日米軍は第7艦隊だけでよいとほざいたり、女性天皇を認める発言をしたり、A級戦犯の靖国合祀に反対したり、この男は少なくとも保守ではないことがわかった。いや、この男には思想というものがないということがわかった。首相になるためなら中国でも、韓国でも、ロシアでも、北朝鮮でも利用しますという姿勢だ。こういう男が時の政府与党で権勢を振るっていたのかと思うと身の毛がよだつ。当時の政府の重大機密が韓国や中国に漏えいしていたのではないかと疑ってしまう。
 自民党には小沢アレルギーがあり、もうそれは小沢を生理的に受け入れられないという感じだ。とくに石原都知事は小沢と一緒になることは死んでも嫌だと言っている。小沢に政治家としてのポリシーがないというだけであれば、バカにして相手しなければすむ話だが、死んでもいやだというからには、我々が知らない何かがあるように思われる。ワシはそれが知りたい。
スポンサーサイト

テーマ : 小沢一郎 - ジャンル : 政治・経済

春と民主党

 今日は寒かった。この前の日曜日は春日和で、桜も一気に開花した。ワシも春の陽光に引き出され、桜の散策に出た。
 今日は一変、台風並みの強風で、寒の戻りもあり出勤にはコートが必要なくらい寒かった。ワシは春が一番好きだ。寒くもない、暑くもない、「春宵一刻値千金」に満開の桜があればこの上ない喜びだ。しかし、一番嫌いな季節も春だ。春はいつも期待を裏切るからだ。卒業式シーズンも終わり、新年度が始まり、やっと暖かくなるなと思っていても、いつまでたっても寒い。本当に暖かい日が来て、これで本当の春だなと思っていたら今度は寒の戻りだ。2,3日寒さを我慢すると、正真正銘、春の陽光が燦然と輝く。桜が満開を呈する。この光景を見たくて寒さを我慢してきたのだ。すると今度は、花ちらしの強風で、満開の桜の花は散ってしまう。桜を愛でるのは長くて4,5日だ。毎年この繰り返しだ。光輝く日光、気持ちのいい春風、満開の桜、この期待が大きいだけに、いつも春には裏切られている思いだ。
 裏切られているといえば民主党政権だ。消費税増税法案の閣議決定で党の分裂含みの荒れようだ。普天間の県外移設に始まり、八ツ場ダムの中止そして再開、高速道路無償化の不履行、消費税増税しないが増税一本槍、ことごとくマニフェスト違反をしている。政権発足当時、あれほど国民の期待を集めていたが、ことごとく裏切ってきた。まさに「春」といっしょだ。ただ、春のほうが気持ちが良くて、この先希望が湧く。そこが民主党と違うところだ。

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

日本に来ないから、自信をもって破壊措置命令。

 北朝鮮のミサイル発射で、国内が騒々しい。政府は30日の安全保障会議を経て、破壊措置命令を発令する予定だ。自衛隊は暴力装置という政権が、自衛隊に破壊という暴力の行使を命じる。一方、自衛隊反対、話し合いで解決できるという福島瑞穂さんは今どこえやら。反戦平和でいつもアメリカを糾弾する労働組合、市民団体は何か言うことがありませんか。シュプレヒコールをあげようにも朝鮮総連の前に誰もいませんよ。マスコミはなぜ彼らに取材しないのかな。ことある事に国民の知る権利を叫ぶが、国民の大半が本当に知りたい彼らの気持ちをなぜマスコミは取材しないのでしょうか。そこに「不都合の真実」があるのでしょうか。
 親北朝鮮の民主党政府が、ミサイル撃墜体制に入ったということは、本当は日本領土に部品、破片すら落ちてこないと判断したからではないでしょうか。大山鳴動してネズミ一匹。ネズミも出てこない、と思っているのでしょう。無能と呼ばれた前そして現防衛大臣としては、ここが名誉挽回のとき。ミサイルが日本に飛来しないから堂々と破壊措置命令を出すことができる。堂々と。めでたいもんだ。
 北朝鮮のミサイル制御技術が未熟で沖縄に落ちてくれたら、沖縄県民の防衛に関する考えが一変すると思うのだが・・・・・。これ冗談。

テーマ : 北朝鮮問題 - ジャンル : 政治・経済

菅民主党政権は延命? 東北地方地震。

11日、東北地方太平洋沖地震が発生した。マグニチュード8.8の巨大地震で、日本が過去経験したこのない地震だ。12日夜が明けると、その被害の大きが明らかになるにつけ地震、津波の恐ろしさを実感した。ついこの前のニュージーランの地震、中国四川省の地震、インドネシアの津波災害などよそ事と思っていたが、わが国に降りかかり、自然の皮肉さを思う。多くの人がまだ行方不明で、無事を祈るばかりだ。この災害の経済的損出は極めて甚大で、今の日本経済の財政状況を考えると、自らの力で復興できるのだろうかと心配になる。この心配のなか、元気が出て来てほくそ笑んでいるのがいる。菅だ。外国人献金問題でまさに剣が峰に立っていたが、すべてこれでパーだ。3月解散説もなくなった。菅がどうのこうの、マニュフェストがどうのなどを通り越して、挙国一致して災害復興、経済再建を成し遂げなければならない。ま、しかし菅の命も5月までか。3か月の延命で終わりだ。終わりにしなければならない。こういう国家のスキをねらって中国は尖閣諸島経済水域内での石油の盗掘をいっそう進めるし、軍事的挑発をますます行ってくるだろう。またロシアは北方領土をますます軍事基地化し、インフラを整備し出すだろう。津波被害を被った太平洋沿岸の平野部は、土地を手放す人もいるだろうし、地価も大きく下がる、これに成金の中国人が目を付け、土地を片っ端から買い漁る。気が付いたらそこは中国人の町になっていたということも冗談ではない。災害復興に目を奪われている間に、こういうことが進行するという前提で政治を司ることが国家の危機管理と言うものだ。菅や民主党の連中に、そういう考えはないだろうよ。むしろ、この機会に外国勢力を呼び込んで、日本国家の弱体化を推進するのではないか。国民はよく注視しなければならない。災害だけに目を奪われるな! その裏で何が進行しているのか、よっぽどの注意が必要だ。
危険!! しっかりしろ、日本人!!

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

内閣改造

時期通常国会を乗り切るため、菅は内閣改造の検討に入った。野党が、問責決議を受けた仙谷官房長官や馬淵国土交通相が居座る限り審議に応じないと言っているためだ。特に仙谷の後継が取りざたされているが、マスコミの観測によると枝野幹事長代理が有力視されている。菅は年頭の記者会見で、政治とカネの問題に決着をつける意気込みを示し、小沢の出処進退にまで言及した。要は小沢には早く辞職してもらいたいという魂胆がミエミエだ。反小沢として菅を支えてきた仙谷に替わる人間として、同じく反小沢の代表格として枝野の名前が上がっている。官房長官は首相の右腕として実質No2の位置にある。当然ながら首相と政治理念、政治思想を共有していなければならない。ところが、ワシには菅と枝野が政治思想的に近いとは思えないのだ。わかりやすく線引きすると、菅は民主党でも左より、すなはち社民党寄り、枝野は右より、自民党寄りに思えるからだ。とくに国防に関しては、枝野は日米同盟堅持で、自民党の考えほとんど近い。菅は自分の国家観を表明していないが、米国よりも中国に親近感をもつ人間だ。普天間基地の移設では日米の共同声明を遵守し、辺野古沖に移設すると明言しているが、これは日本国首相の立場として、これまでの経緯、中国の軍備増強、民主党内の日米同盟派の顔色をうかがってしかたなく言っているにすぎない。彼の本心は、沖縄から米軍基地の撤去させ、中国との間に平和協定を結びたいという考えだ。中国とこんな協定結んだところで、直ぐに破られて尖閣諸島を占領されることは時間の問題なのだが・・・。
また、教育についてもそうだ。菅は日教組支持派だし、枝野は反日教組だ。このように菅と枝野の間には、国家の根幹に関わる政治思想に180度とまでは言わないが、大きな距離がある。なのに枝野の名前が上がってくると言うことは、ただ単に「反小沢」というキーワードで結びついているとしか考えられない。とすると、仙谷の後継人事にしても、国家国民のためというよりは民主党の党内事情を優先しているということになる。もう目先の国会を乗り切るために、場当たり的に官房長官人事が利用されているといっていい。しかしこの二人に政治思想の距離があるならば、菅はここでもまたリーダーシップを発揮できず迷走することになる。菅内閣の瓦解が見えてくる。自民党は、枝野を、安全保障問題、文部行政、北朝鮮による拉致問題などで、徹底的にあぶり出し、彼の国家観を表に出すことで、菅との国家観の違いを鮮明にし、菅内閣の閣内不一致を国民の前にアピールする作戦で行け。
ここまできたら、菅はヤケクソ解散でもしたらどうよ。菅ちゃんにはできないだろうがね。

テーマ : 民主党・菅直人政権 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。