fc2ブログ
  1. 無料アクセス解析

玉木は立民に共産党を切れというのではなく、立民の非共産と組むというべき。

 自民が政治資金問題で揺れる中、国民民主の玉木は、立民の泉健太代表が「共産を切ると約束すれば、私も政治決断する。今がチャンスだ」と言及したという。共産が立民の一部の着色と見ているからこのような言葉が出る。実は共産は立民の一部の着色ではなく、全体を着色しているのだ、だから立民は共産が切れないのだ。「共産党」という赤い着色なら国民が敬遠する。だから赤ではなく「無着色」で健康を安全をPRして本当の色を隠している。
 立憲民主党という看板を掲げているが、内実は共産党で、議員はマルクスレーニン主義を標榜している。だから立民が共産を切るということは、立民がイデオロギーの根幹を捨てることを意味している。そんなことことできるわけがない。玉木はそれを理解しないと野党共闘などできない。
 立民が共産を切れというのではなく、立民の非共産は党を割れといい、そしたら国民民主と組めるといって共闘を持ちかけた方がいいと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 国民民主党 - ジャンル : 政治・経済

国民民主の前原、新党立ち上げ。 だけどどこか自信なさそうだね。

 国民民主の前原が離党して新党「教育無償化を実現する会」を立ち上げた。「非自民・非共産」を訴え政権交代を目指すとみられる。
 前原は9月に行われた国民民主代表選に出馬し、「政策本位の『非自民・非共産』の野党協力・結集を進めていく」と訴えていたが玉木に惨敗した。国民民主の中で浮いた存在になったことが離党・新党の立ち上げになったと考えられる。
 前原は民進党時代に小池百合子の希望の党と合流したが、この時もそう感じたし今回でも感じたことだが、前原は新党の合流、立ち上げにどこか不安を感じているように見える。それは自信の無さにも見える。記者会見時の表情からも見て取れる。本人にとってはすべてを投げ捨て、退路を断って決断したという物でもないのかもしれない。「もし、新党がだめならいち国会議員にもどりやり直そう」と思っているのではないか。そのような考えが表情に出ている。「この新党がダメなら議員を辞職する。政治の世界から足を洗う」と腹を括れないところが前原の弱さか
 そういう株(前原)には投資(支持)はできないな
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 私の見解 - ジャンル : 政治・経済

国民民主の山尾志桜里ちゃん、結構やるね。少し見直したよ。

 国民民主党は2日、中国当局による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での弾圧について、日本ウイグル協会からヒアリングした。
 同協会のレテプ・アフメット副会長は、ウイグル人に対する強制労働や、同自治区での女性に対する不妊手術の強制子供らに対する同化教育の実態を説明した。
 この中で氏は、米政府、カナダ下院、オランダ下院が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定し、中国を非難したことに触れ、「あと半年すればジェノサイドと認定する国が間違いなく増える。そうした中で日本だけが何もしないのは、私たちが見たくない光景であり、多くの日本人の国民が見たくない光景だと思う」と述べ、日本の具体的な行動を求めた。
 研究会の主査を務める山尾志桜里衆院議員「さらなる放置は消極的支持になってしまうし、これを放置したら日本に人権外交を語る資格はないということだと思う。強く取り組んでいくことをお約束したい」と語った。
 国民民主党はいいことしてるね。こういう活動をどんどんやって政府、与党に圧力をかけてほしいと思う。ワシは、これを国民運動にしてもいいと思っている。自民、公明が中国に忖度して何も言えないことは分かっているが、それが不正義であると分からしめるまで、そして親中派の居所が亡くなるまで徹底的に追及してほしい。さらに立憲民主党や社民党を誘い「ジェノサイド(民族大量虐殺)」認定運動を大々的に繰り広げるべきだ。彼らが国民民主に合流しないことは分かっているが、強制労働、基本的人権の侵害、女性の人権蹂躙など立民、社民が日ごろから大声上げて抗議する事案だ。ウイグル問題でこの声を上げないのならいつ声を上げるのかと立民、社民に問うたらどうか。立民、社民はこの問いに逃げる。沈黙する。それでいい。既定路線だ。彼らが日ごろから主張する反戦、平和、基本的人権の尊重、言論・表現の自由がいかに偽善・欺瞞であるかが、国民に広く理解されればそれが成果だ
 このことを事あるたびに持ち出して、立民、社民の反戦・平和運動を牽制することができる。自民の若手も目覚めてほしいものよ。
 それにしても、この研究会の主査を務める山尾志桜里ちゃんはいいね。立民のときは嫌いだったが、この件の彼女の動き、発言には共感する。この論調で、辻元清美、福島みずほに論戦を仕掛けてほしいものだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ



テーマ : 中国による不法な領土侵略! 尖閣諸島・新疆ウイグル自治区・チベット・フィリピン他 - ジャンル : 政治・経済