FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

姜昌一駐日大使、天皇との約束を反故にする。仮病使って信任状捧呈式を欠席したらいかんぜよ。

 韓国の姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使が、8日に予定していた天皇陛下への信任状捧呈を延期した。足を痛めたことを理由としている。信任状捧呈の延期は異例で、日本政府は「予想外のハプニング」(関係者)と困惑している。
 姜氏は東京大学大学院に留学、東洋史学を学んで博士号を取り、議員になってからは韓日議員連盟の会長として日本の政治家と交流を続けてきた「知日派」の代表格とされている。
 しかし、その一方で姜氏は、数々の反日発言で日韓間の溝を深めてきたことも事実だ。たとえば2019年、文喜相議長(当時)が慰安婦問題で天皇への謝罪を求め日本で大きな反発が起きた際には、「日本の政治家たちが難癖をつけている」「戦争の責任は天皇にあり、主犯の息子である(現在の)天皇が謝罪すればすべて解決する」と全面擁護した。
 また2020年8月には、国立墓地に埋葬されている親日派の墓を暴いて移す「破墓法」という法案について賛意を示し、「国立墓地には仇(親日派)がいるが、国家の有功者や愛国の志士たちがあの世で落ち着いていられるか」 「自分が亡くなった後、横で仇が幽霊としてさまよっていたらどう思うか」と発言した。知日派と言われる姜氏だが、反日派だったんですね。
 現天皇を「(戦争の)主犯の息子」と言った以上、その天皇に会って頭を下げることはできないだろうよ。「おなかが痛い。学校に行きたくない」とダダを捏ねる子供のように、仮病を使ってまでして信任状捧呈式を欠席したい気持ちはわからんでもない。かといって式を延期することはできても、式を拒絶することはできない。姜ちゃん、どうすんのよ。「痛めた足の症状が思いのほか悪く、職務を全うできないため、駐日韓国大使を交代する」ことになるのかな。
 自分の過去の言動を振り返り、駐日大使の職を打診された時に断っておけば、こんなに苦しまなくてもよかったものを。逆に、自分が日本に乗り込めば、日本の政治家、そして天皇が平身低頭してくるとでも思ったのか。この愚か者が!
 日本を日帝と呼び、韓国で従軍慰安婦、強制連行、強制労働など悪行の限りを尽くしたとして日本を誹謗中傷している姜昌一は、東京大学に留学している。東洋史学で博士号までとっている。姜がもっとも蔑む日本の大学に留学したことは恥ずかしくないのか。韓国国民の前に土下座して懺悔させられてもよさそうなものだ。そして日本の大学で東洋史学を勉強し、学位までとった姜は、親日罪(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)」の対象になってもいいのではないかと思う
 姜昌一の動向から目が離せない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

韓国は新型肺炎感染者を日本に入国させ、オリンピックを中止に追い込む作戦だ。

 韓国の趙世暎外務第1次官は26日夜、韓国のJTBCテレビのインタビューで、冨田浩司駐韓日本大使を同日ソウルの外務省に呼び、新型コロナウイルスの感染が広がる韓国南東部の大邱市と慶尚北道清道郡に滞在歴のある外国人の入国を拒否するとした日本政府決定の撤回を求めたと明らかにした。
 趙氏は、韓国政府が防疫措置に尽力していると強調した上で「過度な入国制限措置は望ましくないとの意見をはっきりと伝えた」と強調。「措置を撤回するか再考するよう努力してほしい」と求めたという。(共同)

 韓国は国内警戒レベルを最高段階である「深刻」に引き上げ、日本全土に対し、旅行警報(4段階)のうち最も警戒レベルの低い「旅行留意」を発令ておきながら、日本には「過度な入国制限措置は望ましくない」とはどういうことか。
 国内で伝染病が蔓延していたら、他国には迷惑をかけないよう、自国民の出国を制限するのが常識ある国家の姿勢だ。韓国は防疫措置に尽力しているというが、その言葉とは裏腹に感染者は急増している。だから、そんな防疫措置は信用できないというのが、率直な日本の立場なんだよ。
 韓国としてみれば、感染者が日本に行き、日本での感染に貢献して東京オリンピックを中止に追い込む。こうなれば韓国は、大統領からマスコミから国民まで大喜び。「日本に天罰が下った日」として臨時祝日にするかもしれない。そうしたいのだろうね、韓国は。文在寅にすれば大統領選に向けて、これが一番支持率アップになるしね。
 しかし日本が、韓国の国際貿易での信用状開設を止めてしまえば、韓国はすぐに破産する。「韓国が破産した日」の次には、世界が待ち焦がれる「韓国が消滅した日」になるのだが、わかんねーだろーなー、韓国人は。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

韓国の民間団体、東京五輪・パラリンピックのポスターを揶揄。やることが小心者ですな。

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、韓国の民間団体「VANK」が東京五輪・パラリンピックを東京電力福島第1原発と結び付けて揶揄するポスターを制作するなど、大会の安全性を問題視するような動きが韓国内であることについて「現実とは全く異なる。あってはならないことだ」と強く非難した。「政府としては、そうしたことが二度とないように、ありとあらゆる手段の中で強く抗議をしている」とも語った。VANKのポスターについては、IOCも「競技会場には政治を持ち込むな。政治的な目的でオリンピックエンブレムの不正使用をするな。」とVANKを非難している。
 東京五輪・パラリンピックを揶揄するポスターを制作したのは一民間団体ではあるが、韓国オリンピック委員会も賛意をもって黙認しているし、韓国政府も静観している。いざとなったら、やっているのは民間団体で政府は関知していないと逃げるつもりだ。しかし、良識、理性をもつ政府だったら、そういう下劣な行動を戒めるコメントくらいは発するだろうよ。東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗は、「韓国は、放射能汚染が心配なら参加しなくていい」ときっぱりといってやればいい。森は、頭はさげても韓国に物言えるわけないよね。
 VANKは東京五輪・パラリンピックの開催を妨害しているが、韓国オリンピック委員会には、大会に参加するなとは言っていない。ただ、日本を困らせるためにしている「ダダ」だ。精神的に成長できない韓国人そのものの姿だね。自分に攻撃してこないと分かっている相手にしか挑発できない小心者ですな。そこで予期せぬ反撃に合ったらパニックになる。韓国の国民病「火病」のことだ。ほんと哀れな民族だなと同情に堪えないよ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

 

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

韓国は、「嘘をつく文化」の国だということを世界に向けて発信すべし。

 産経新聞によると、長崎市の端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)で戦時労働を強いられた朝鮮人作業員だとして韓国メディアが報じた写真が、実際は昭和10年以前に福岡県内で撮影され、いわゆる徴用工とは無関係であることが2月10日、産経新聞の取材で分かった。この件を産経新聞は、「韓国メディア、また誤用」と見出しを付けたが、「誤用」でもなんでもなく「故意」、「確信犯」だ。
 韓国には「真実」に拘らないという文化がある。真実が自分らにとって惨めなもの、恥ずかしいものであったなら、そんな真実は葬り去って、自分らが望む姿に作り替えればいいという文化だ。そこに平気で「嘘を言う」文化が芽生えてきた。
 韓国社会では嘘をつくことは咎められない。人生を生き抜くうえで必要手段だと思われている。嘘をついても社会で成功する人が尊敬される人間だ。一方騙される人は、いくら学があり、人格者でもバカと見なされる。日本とは正反対の社会だ。
 だから韓国の新聞がいくら誤用しようが、政治家が嘘を言おうが、韓国はそういう国なのだという認識を持つことが大事。いちいちそんなことに腹を立てていたらきりがない。かといって無視はできないが、それを韓国社会に反論しても無駄だ。韓国は「嘘をつく文化」の国だということを世界に向けて発信し、啓蒙することの方が大事だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

韓国、東京オリンピックを妨害。だったら参加しなければいいじゃん。IOCは韓国の参加を取り消せ。

 東京五輪・パラリンピックを東京電力福島第1原発事故と結び付けて揶揄(やゆ)するポスターを韓国の民間団体が制作した問題で、国際オリンピック委員会(IOC)がこの団体を「非難」したことが分かった。
 IOCが非難したのは「サイバー外交使節団」を名乗る団体で、「旭日旗=戦犯旗」と主張する映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップする運動なども展開している「VANK」。VANKは先月6日、白い防護服姿で、炎が緑色のたいまつを掲げて走る人物に東京五輪のエンブレムや「TOKYO2020」の文字、日の丸などをあしらったポスターを、ソウルの在韓国日本大使館の建設予定地のフェンスに貼った。
 これに対し東京五輪・パラリンピック組織委員会は「あたかも放射能汚染があると思わせるような事実を歪曲(わいきょく)した表現方法を用い、東京大会のエンブレムやオリンピックマークを無断で使用していることは極めて遺憾だ」としてIOCに問題提起していた。IOCは今月3日までに「競技会場には政治的な介入が行われるべきではないという確固たる信念をもっている。政治的な目的でのオリンピックエンブレムの不正使用を非難する」と返答した。しかし、VANKは10日午後8時の段階でもフェイスブックにポスターの画像を掲載しており、IOCの要請を無視している。
 東京五輪・パラリンピック組織委員会やIOCはVANKに対し、なぜそんな遠慮した非難をするのか。エンブレムやオリンピックマークの無断使用を非難するのではなく、はっきりと「東京五輪・パラリンピックの開催を妨害するな」と言うべきだ。。WHOではあるまいし、ここにもある特定国の金が流れているのか。
 IOCははっきりと言え。「韓国は、開催地の放射能汚染が心配なら、そこに自国選手を送るべきではないし、東京五輪・パラリンピックの参加を取り消すべきだ。」とね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 東京五輪 - ジャンル : 政治・経済