FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ミャンマー、ウイグル、香港。日本の「平和勢力」の皆さん、なぜ行動を起こさないのですか。

 ミャンマーの国軍によるクーデター。事態は悪くなるばかりだ。4日、国軍に抗議するためデモしていた一般民衆に、国軍が発砲し30数人が死傷したとニュースは言っていた。ミャンマー市民の動きに呼応して、タイでも抗議デモが繰り広げられている。国連も事態を重く受け止め、声明を出している。国軍批判の動きは世界中に拡散されている。
 ところが、同じアジアの日本は国軍を非難することなく、沈黙している。それは政府だけではなく、マスコミ、立憲民主党、社民、共産党も同じだ。
 軍がクーデターを起こし、政権を奪取して国民の生活・言論活動を弾圧している。これがアメリカだったら即、代々木公園に数万人を動員して抗議集会。それからアメリカ大使館にむけてデモ行進だ。新聞の一面にも特大写真付きで報じられる。こんな明白な平和の破壊、自由の抑圧、人権の侵害に日本の「平和勢力」の人たちは何故か行動を起こさない。香港の逃亡犯条例改正案反対に端を発した民主化デモのときも、日本の「平和勢力」は何も行動しなかった。また、ウイグルで現在進行形で行われている強制労働、女性の不妊手術の強制、ウイグル人に対する同化教育。アメリカやカナダ、オランダは「ジェノサイド」と認定しているが、これさえも日本の「平和勢力」は何の行動も起こさなかった。それどころか中国政府に批判のひとつも発していない。
 立民、共産、社民、そして彼らが組織する平和団体は、何かにつけて戦争反対、人権弾圧反対、自由・平等を叫ぶが、それは一体誰に向けて、どこに向けて発せられているのか。アメリカ、日本が標的であることは間違いないが、中国や北朝鮮、ロシアではないことも間違いない。これら3国には、彼らが要求する自由も、人権もない国なんだが、そんな国に「平和勢力」さんは何を忖度しているのか。
 「平和勢力」の「平和」って何を意味するんだろうね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

日本の平和団体さーん、ミャンマーが大変ですよ。抗議デモはしなくていいですか?

 国軍のクーデターに反対する抗議デモがゼネストに拡大し、ミャンマー経済が麻痺している。こういう中、デモに参加していた20歳の女性が、国軍に頭部を撃たれ19日に亡くなった。
 ミャンマーの抗議デモは世界でも大きく報道され、国軍のクーデターを厳しく糾弾している。ところが、戦争反対、平和、人権を叫ぶ日本の平和団体、立憲民主党、社民党はこのクーデターに対して抗議声明どころか、何一つコメントを発していない。それはミャンマーだけではなく、香港の民主化運動の時もそうだったし、アメリカがジェノサイドと表現したウイグルについても何にひとつ声明、コメントも出していない。
 アメリカが民衆を弾圧している状況であれば、日本各地で即抗議デモが主催され、何万もの人間が動員されてアメリカ大使館前では抗議のシュプレヒコールだ。しかし、日本のサヨクが一番嫌う軍のクーデターが起こっても、ミャンマー大使館前は平穏だ。また、ジェノサイドと表現されるウイグルの惨状に、日本の女性活動家は何故黙っているのだろうか。イギリスやフランス、ドイツでは北京オリンピックのボイコットの話まで出ている。
 これらからわかるとおり、立憲民主党」、社民党、平和団体などが叫ぶ平和・戦争反対・人権弾圧反対運動の主催者が、どこの勢力に属しているかということだ。彼らの目的が、少なくとも純粋に言葉の意味通りではないことは明白だ。それが日本の平和運動、戦争反対運動の実態だと言うことを肝に銘じておく必要がある。
 日本政府も、ウイグルであまりにも黙っていたら、アメリカ、ヨーロッパから「日本は中国を見ているのか、アメリカ他西側を見ているのか」と二者択一を求められるぞ。そのとき菅ちゃんはどう答えるのかな。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

社会・共産主義者のアジテーターが吠えているよ。吠える相手が違くない?

 29日配信のデイリーニュースによると、山口二郎法政大学教授が29日までにツイッターに投稿し、自民党の下村博文政務調査会長らが、日本の国旗を損壊した場合に処罰規定を設ける刑法改正案を検討していることに疑問を呈した山口教授は、「日本の国旗損壊 刑法改正し処罰規定検討 自民 下村政調会長」とのNHKニュースを引用し、「こんなことを言う政治家は本当に日本国の尊厳を守りたいのか。国の尊厳を守りたいなら、国会で数えきれないほど嘘をついた元首相を断罪せよ。公文書改竄を進めた、容認した政治家、官僚を断罪せよ」と安倍晋三前首相の虚偽答弁をこそ追及すべきだと投稿した。
 続くツイートで山口教授は「エセ愛国者は、フェティシズムが大好き。偶像崇拝によって自分が愛国者であることを他者に誇示したがる」と指摘した。安倍前首相は在任中、「桜を見る会」前日の夕食会問題を巡り、国会で事実と異なる説明を繰り返し、ホテル側への支払いと、参加者から集めた会費との差額の補てんなどについて、衆院調査局は少なくとも118回にわたって「虚偽答弁」した疑いを指摘している。(以上)

 こういう事言う人間に限って、頭の中身は全体主義者、独裁主義者なんだよな。民主主義の世の中で、いかにもリベラルの振りをして国民を扇動し、共産主義、社会主義革命が成功したらさっさと権力側に付き、民衆を弾圧する側になる。共産主義、社会主義革命を実現したすべての国で見られた現象だ。
 全体主義、独裁主義の対極ある者をファシスト、右翼とレッテルを貼り、自分が民主主義側にいるというポーズをとって、自分の存在をアピールする。自分の思想の核心を衝かれるとヒステリックに反論し、言論を封殺する。偽善以外の何物でもない。
 山口は愛国や国の尊厳、国旗を毀損したら処罰などをいう輩が大嫌いなようで、エセ愛国者と言っているが、同じことを北朝鮮、中国、ロシア、韓国の国民にも言ってもらいたいね。そもそも山口の思想の対極に位置するはずの、金正恩、習近平、プーチンを一言も批判できないってどういうこと? 怖いのかな。怖い相手にはダンマリですか。日本政府はどれだけ批判しても身の危険がないから安心して何でも言えるもんな。 
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

法政大学の山口二郎は、ただのアジテーターだ。

 法政大学教授の山口二郎が5日にツイッターに投稿。戦後、映画の伊丹万作監督が自戒を込めた発表した言葉を引用し、「無能な政治家」にだまされることの危険性を訴えた。  山口教授は「先の大戦で負けた直後、伊丹万作は騙されること自体が悪であると喝破した(「戦争責任者の問題」)」と投稿。続けて「政治家の責任を事実と論理に基づいて追及することが自分たちの生存に直結することを、今の日本人、とりわけ大阪の人々は知らなければならない。無能な政治家に騙されたら、命が危ない」と記した。
 山口は大学教授というより、全体主義志向のアジテーターだ。
 何のかんのと政府を大声で批判し、しかし、自分の思想を表明することもなく、ただ政府を徹底的に批判して、国民を扇動するだけの人間。典型的なアジテーターで、全体主義国家の成立には、必ずこういうアジテーターがいる。
 山口は学者というより、活動家、扇動家、革命家だ。目つきが違う。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル : 政治・経済

社民党の福島さん。もう日本に活躍の場はないよ。北朝鮮に行って金様のために死ぬ気で働け。

 社民党が分裂して、社民党の看板を背負う国会議員は福島瑞穂一人になった。一人でどんな活動をするのか分からないが、北朝鮮本国から朝鮮総連を通じて、福島に活動の指示が行くのだろうね。事実婚の同棲相手である左翼弁護士さんと、日本社会の破壊を目指して活動されるのでしょう。金正恩様にいい報告ができるように頑張らないとね。働きが悪いと二人そろって公開処刑ってこともあるかもね。
 福島さん、プレッシャーかかるね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済