1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「火病」の韓国とは、冷却期間を置け。

 慰安婦像がせっせ、せっせと作られている。韓国はもちろんのこと、アメリカ、カナダ、そしてフィリピンまでも。日韓慰安婦合意などまったく関係ないって感じだ。これも韓国人特有の「火病」なのだろう。「慰安婦病」とでも呼ぼう。韓国人が「火病」になったら、もうだれも止められない。韓国人の気力と金が続く限りは。このような状況の中で、日韓議員連盟の糠(ぬか)が臭い腹上死郎、もとい額賀福士郎は日韓友好、日韓が緊密な連携などと寝ぼけたことをいっている。この男は「日韓友好病」に罹っている。「火病」と「日韓友好病」、ともに精神病に罹っている両者が慰安婦問題を話し合うという。話になるわけがないと思うのだが、そこは精神病を患っている両者のこと、そういう冷静な判断ができない。
 日韓議員連盟に属している国会議員は、このような状況をどう思っているのか。額賀の声と映像だけがマスコミに出ているが、議員連盟には与野党の多数が属している。彼らの生の声がまったく聞こえてこない。彼らも額賀と同じ意見なのか。もし、その中にまともな議員がいれば、連盟を脱退するという議員がいてもおかしくはない。むしろそっちが正常と思うのだが。マッコッリに飲まされ、キムチ漬けにされ、抱かされ、握らされている連中には、韓国に歯向かう気持ちなどさらさらないのかねー。ワシなら、「慰安婦問題で、日韓の外交のこう着状態が打開する見通しが立たない以上、われわれは冷却期間を設けて、お互いを、距離を置いて見ていこうではないか」くらいのことを発言する。せめて筑波大学の古田博司教授が提言している「非韓三原則」で行くくらいのことを韓日議員連盟のやつらに言ってほしいけどね。
       非韓三原則: 『助けない、教えない、関わらない』
 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル : 政治・経済

二階先生が、「これからは意見を申し上げる」そうな。

17日の産経ニュースより

民・二階俊博幹事長、サンフランシスコ市議会の慰安婦像寄贈受け入れ決議に不快感 「日本が喜ぶか、答えはおのずと明らか」PR
 自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決した件に不快感を示した。「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。米国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」、「これからは慰安婦問題について必ず意見を申し述べてくる。日本から来た国会議員はみんな意見を持っていて、気を良くしているわけではない(と相手に理解してもらう)」と強調した。

 エロ黒二階ちゃん、やっと正論言ったね。だってこれまで日本は慰安婦問題で何を言われても黙っていたもんね。だから今日のような状況になったんだよね。南京大虐殺、首相の靖国参拝、尖閣諸島の領海侵犯、および海底石油の盗掘なども中国にもばしっ!っと言ってほしいけどね。 「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。中国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」。
これを中国に言えるのなら、ワシはエロ黒二階ちゃんを見直すけどねー。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル : 政治・経済

安倍ちゃんはいつも最後の詰めが甘いね。

  岸田文雄外相が長嶺安政駐韓大使らを4日に帰任させる方針を表明した。この決定は最終的には安倍首相の決断だ。日本側からすれば、日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題に何の進展がない中での帰任になり、大使の帰国は一体何だったのかという後味の悪さだけが残る。
  日本は大見得を切って家を出て行ったが、結局、外は寒くて眠れない、食べる物がないとすごすごと家に戻ってきた感じだ。日本も韓国も意地の張り合いになっていたが、韓国が勝ったという構図になった。勝ち負けではないという意見もあろうが、韓国は勝った、自分らの主張が勝った、日本は非を認めて帰って来たではないかという論調が出てくることが容易に推察できる。
  それにしても安倍ちゃんはいつもそうだが、あと一歩の押しができないねー。育ちの良さが出ているのかな。ワシはもうすぐ韓国側が何らかの動きに出ると思っていたが、朴大統領の逮捕でその目が摘まれた格好になった。日本政府も朴大統領の逮捕、次期大統領選挙などを勘案して、この問題が長期化する、大使を帰任させるには今しかないと判断したのかもしれない。しかし、次期大統領に一番近いと思われる文在寅は公に日本を敵視する反日、親北の政治家だ。慰安婦問題が進展するどころかますます後退することが予測されている。大使を帰任させたはいいが、安倍首相はこの問題をどのように解決しようと考えているのか。何の目算もないのであれば、大使を帰任させた意味もないし、むしろ帰任させない方がよかったくらいだ。
  自民党の二階幹事長には、「当然のことだ。韓国にとって最大の重要な事態を招いている時期に、大使がどこで何をしていればいいかは分かりきったことだ。帰すことになってよかった」、「そもそも、(日本に)帰す必要があったのか。いつ帰すのか、想定してやるべきだ。もう少し考えていただきたい」、「日本も韓国も、慰安婦像はそのままでいいと思っている人は一人もいないと思う。両国の関係者で打ち合わせをして、お互いに後世に笑われないよう、しっかりやってもらいたい」と、いいように言われっぱなしだ。今となっては残念ながらこれには反論のしようがない。
  安倍ちゃんは最後の最後になってコケることは変わらないね。たかが意地でも国家の尊厳を守るために張らなければならない意地もあるんだよ。自分の選挙区に共産主義者の江沢民の銅像を建てようとした売国奴、エロ黒二階には分からんだろうけどね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 安倍政権 - ジャンル : 政治・経済

慰安婦日韓合意、それどころかこれから泥沼よ。

  サンフランシスコにまた慰安婦像が設置される見通しだ。慰安婦像は現地の韓国系住民らでつくる団体がサンフランシスコ市に寄贈する。像の碑文には数十万人の女性が慰安婦とされたと書かれているそうだ。サンフランシスコ市と姉妹都市である大阪市の吉村市長はサンフランシスコ市に慎重な対応を求めていたが、まったくの無力だった。
  日韓の慰安婦問題はこのような展開になることは最初から予測できていたはずだが、時の政府、特に自民党政府が韓国に阿り土下座と謝罪ばかりしてきたものだから、韓国が自分らに正義があると確信し、この活動に拍車をかけた結果となっている。この慰安婦像設置はサンフランシスコに留まらずまだまだ全米各地に広がること間違いなし。つまり日韓合意で解決どころか、ますます泥沼に突入って感じだ。
  それにしても、この問題をここまで大きくしたこれまでの日本政府の対応は、それこそ売国的で国民に対する背信行為といえる。朝日新聞の捏造記事が根本ではあるが、当初から疑問をもたれていたその記事に対し何も抗議することなく黙認してきた罪は非常に大きい。そして、韓国に何も言うことなく、ただ土下座と謝罪、最後は金で解決してきた日本政府の対応は世紀の大罪と言わざるを得ない。
  いま安倍政権がこの問題の解決で苦しんでいるが、そもそも、これまで政権与党としてこの状態を招いてきた自民党はどのような見解をもっているのか。エロ黒二階総務会長に是非とも見解を聞きたいものだ。また日韓売国奴議員連盟のヌカが臭い氏は、日韓が相互理解することが大事というけれど、韓国議員から日本の立場に理解を示す言葉が全然出てこないとはどういうこと? いったい何の交流をしてきたのよ!これまで韓国議員とどんな交流をして、この問題の解決を要求してきたか総括してもらいたい。
  まさか韓国から、「飲ませ、食わせ、抱かされ、握らされ」て来たわけじゃないだろ?
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

河野談話、やっぱり見直さなければ、かえっておかしくなる。

  朝日新聞は、いわゆる従軍慰安婦報道の根拠となった吉田清治の証言が虚偽だったことを認め、これまでの記事を取り消した。しかし政府は河野談話の見直しはしないと言っている。この度幹事長に就任した谷垣も見直しに否定的な見解を示した。
  日本が性奴隷国家だったという世界的評判は、河野談話と吉田清治の著書「私の戦争犯罪」をもとにして作成された国連クマラスワミ報告によるところが大きい。この報告書の核心である吉田証言が虚偽ということになれば、河野談話とクマラスワミ報告自体が成立しないと思うのだが、政府は河野談話を見直さないという。何に配慮しているのかわからないが、世界では合理性のない配慮は通じないということを、この慰安婦問題をはじめ南京大虐殺、靖国参拝、アメリカにおける慰安婦像設置、竹島不当占拠、尖閣国有化問題などで学んできたはずではなかったのか。それなのに虚偽の報道により日本国の尊厳、日本国民の名誉を大きく傷つけたこの問題に対して、河野談話を見直さないというのはいったいどういう了見なのだろう。
  河野談話が閣議決定された発言ではないとはいえ、当時の官房長官の発言だ。世界は日本政府の公式見解とみるのが普通の感覚だと思う。日本政府がこれを見直さないということは、「日本軍が女性を強制的に連行し、慰安婦にした」という吉田の虚偽証言を、日本政府は肯定していることになる。政府は肯定している、一方報道の根本である朝日新聞は虚偽だったとして記事を取り消している。河野談話を見直さないというなら、しっかりとその理由を世界に、そして国民に説明すべきだ。国民の理解が得られているとは思えない。
  政府の立場、いち民間企業の立場、これが5年、10年、30年、50年と経つにつれ、世界はどちらの立場を事実と考え、支持するだろうか。
  配慮や誠意は、言ってみれば自己満足の範疇だ。日本人の考えや感情がそのまま理解されると考えることは、あまりにも幼児的であり、国際政治がなんたるかがわかっていないといってもいい。政府がしなければならないことは、道理がないことはしない、合点がいかないことはしない、これが基本原則だと思う。政府は原理原則の重さをもっと真剣に考えなければならない。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村





社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。