FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

慰安婦問題。日本は攻守交替しろ。守備側から攻撃側になれ!

 韓国外務省の崔鍾文第2次官は現地時間の23日、ジュネーブの国連人権理事会の会合でビデオ演説を行い、慰安婦問題に言及し、「慰安婦の悲劇は普遍的な人権問題として取り上げられるべきだ」と強調した。これに対し、加藤勝信官房長官は24日の記者会見で、不快感を示した。「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した平成27年の日韓合意に照らし、発言は全く受け入れられない」と述べた。駐ジュネーブ国際機関政府代表部の山崎和之大使から韓国側に抗議の申し入れをしたと明らかにした。
 慰安婦問題は日韓の根競べだ。韓国側がいつも先手うち、世界に向けて嘘、捏造の歴史を喧伝する。それを受けて日本はいつも後手に回り、「到底受け入れられない。日韓の合意に基づき、最終的かつ不可逆的な解決をしている」と反論する。こういう場合、後手になり弁明する方が印象は悪い。いくら嘘でも、言ったもん勝ちの傾向が世界にはある。韓国はこの事をよく理解して、日本に揺さぶりをかけてくる。
 日本がいくら、事実と違う、両国が合意して解決済みだといったところで、世界はこの問題に関心はない。二国間で解決してくれというスタンスだ。そこで、世界の耳に残るのは、先手である韓国の発言だけだ。たとえそれが嘘でも。
 日本はこの問題で攻守を変えなければならない。
日本が先手になり、世界に事実を発信することだ。先手を決して奪われてはならない。日本側から次々と慰安婦問題の事実を仕掛けることだ。
 加藤官房長官は、23日の韓国、崔鍾文の発言に対して、韓国側に抗議の申し入れをしたと言うが、韓国側に抗議をするのではなく、世界に事実と違うことを発信するべきだ。
 これからは、日本が世界を巻き込んで、韓国の主張が嘘であることを喧伝する番だ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

慰安婦土下座像、鳩山由紀夫にすれば本人も喜んだだろうに。

 「韓国自生植物園」が慰安婦像に土下座謝罪する安倍晋三首相を模した像を園内に設置されたことについて、菅勧募言う長官は「日韓関係に決定的な影響を与える」と強い不快感を示している。
 ネット上でも韓国を批判する投稿が目立っており、嫌韓感情をさらに悪化させる要因になっている。しかし、この土下座像が安倍首相をモデルにしているから、日本国民が反発するのであって、これを元首相の鳩山由紀夫にしていれば、今のような反発を招くことにはならなかっただろう。現に、鳩山は2015年、日本統治時代に独立運動家などが収容されたソウル市内の西大門刑務所の跡地で“土下座”をし、日本の朝鮮半島統治に対して謝罪している。鳩山は土下座が好きだし、慰安婦像に土下座することにも抵抗はないようだから、鳩山の土下座像にしていれば、今の日本の反発はなかったと思われる。鳩山も、韓国人が喜ぶ姿を見て、さぞや嬉しく思ったことだろうよ
 「韓国自生植物園」の園長はチョイスを間違えたね。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 無法国家-韓国 - ジャンル : 政治・経済

二階、韓国国会議長の「盗人たけだけしい」発言に無視しろと。これまで無視してどうなった?

 報道によると、自民党の二階俊博幹事長は18日の記者会見で、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決すると発言した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、日本側の反発に対し「盗っ人たけだけしい」などと述べたことについて「日本は盗人ではないことは誰でも承知している。その程度のことをこちらが真っ赤になって反論する必要はない。無視」と一蹴した。また、二階氏は日韓関係について「そんな簡単なもんじゃない。時間をかけて慎重にやっていくほか、仕方がない」と述べた。
 日本は何を言われようが無視せよというのが二階の持論のようだ。こういう考えが、自民党の親韓派老害議員の一般的な考えだ。このクラスの老いぼれになると、頭の中身は50年前から進化していない。何でも韓国のいいなりになって、韓国政界で日本の知韓派有力議員などとおだてられて、よっぽど気持ちが良かったのだろう。その時の気分が忘れられず、今でも韓国に「よいしょ」をしておけば、韓国での自分の存在価値が再認識され、韓国に恩を売ることができると踏んでの発言だろう。しかし、こんなくだらない男の権勢欲、名誉欲のために、日本国家および日本国民の尊厳が大きく傷付けられ、国益が著しく毀損されてきたことには、まったくの無頓着だ。二階には少なくとも日本国家の国益という概念はない。優先されるのは中国や韓国の国益のほうだ。
 これまで日本は、韓国の理不尽な要求や言いがかり、嘘を、反論もせずに無視してきた。その結果世界では、韓国の主張が通り、嘘が事実として定着化して歴史が書き換えられる結果になってしまった。反論しないことは、認めたことになるという世界の常識を知らなかったわけではなく、暗に認めるために反論してこなかったのだ。
 そして今回の文喜相の発言。二階は「日本は盗人ではないことは誰でも承知している。その程度のことをこちらが真っ赤になって反論する必要はない。無視」と一蹴した。日本が盗人かどうかが問題ではなく、そういう言葉を使って批判されることが侮辱であり、無礼だ、だから謝罪しろと日本は言っているのだ。文喜相をはじめ韓国の政治家は、アメリカ、ロシア、中国、ドイツ、イギリス、フランス、インド に「盗人たけだけしい」と言えるのか。いくら韓国の政治家がバカでも言ったらどうなるかくらい分かっている。しかし、日本に対しては平気でこういう言葉を使う。二階は、この状況をどう思っているのか。
 「盗人たけだけしい」と言われて、国家が反論しない方が異常。真っ赤になって反論するのが世界の常識だ。
 二階は、日本が反論して、韓国の世界的評価が下がるのが、見るに堪えないのだ。「そんな簡単なもんじゃない。時間をかけて慎重にやっていくほか、仕方がない」とは、誰に言っているのだ。韓国か、日本か、文か、安倍か。簡単ではなかったが、双方で努力して解決した問題を振り出しに戻したのは韓国、文在寅だ。二階はなぜはっきりと韓国を、そして文在寅を批判しない。日韓にはこれまでも、何度となく外交問題が起こってきた。このとき、日本側の主張で解決しようとすると、必ずそれを妨害する意見が要職、有力議員から出る。自民党には、二階のような反党分子がいまでも残存している。もはや日本の政治家と呼べる連中ではない。安倍ちゃんは、こういう連中を早く、政界から放逐しないと、足元を掬われるぞ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 韓国について - ジャンル : 政治・経済

「火病」の韓国とは、冷却期間を置け。

 慰安婦像がせっせ、せっせと作られている。韓国はもちろんのこと、アメリカ、カナダ、そしてフィリピンまでも。日韓慰安婦合意などまったく関係ないって感じだ。これも韓国人特有の「火病」なのだろう。「慰安婦病」とでも呼ぼう。韓国人が「火病」になったら、もうだれも止められない。韓国人の気力と金が続く限りは。このような状況の中で、日韓議員連盟の糠(ぬか)が臭い腹上死郎、もとい額賀福士郎は日韓友好、日韓が緊密な連携などと寝ぼけたことをいっている。この男は「日韓友好病」に罹っている。「火病」と「日韓友好病」、ともに精神病に罹っている両者が慰安婦問題を話し合うという。話になるわけがないと思うのだが、そこは精神病を患っている両者のこと、そういう冷静な判断ができない。
 日韓議員連盟に属している国会議員は、このような状況をどう思っているのか。額賀の声と映像だけがマスコミに出ているが、議員連盟には与野党の多数が属している。彼らの生の声がまったく聞こえてこない。彼らも額賀と同じ意見なのか。もし、その中にまともな議員がいれば、連盟を脱退するという議員がいてもおかしくはない。むしろそっちが正常と思うのだが。マッコッリに飲まされ、キムチ漬けにされ、抱かされ、握らされている連中には、韓国に歯向かう気持ちなどさらさらないのかねー。ワシなら、「慰安婦問題で、日韓の外交のこう着状態が打開する見通しが立たない以上、われわれは冷却期間を設けて、お互いを、距離を置いて見ていこうではないか」くらいのことを発言する。せめて筑波大学の古田博司教授が提言している「非韓三原則」で行くくらいのことを韓日議員連盟のやつらに言ってほしいけどね。
       非韓三原則: 『助けない、教えない、関わらない』
 にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル : 政治・経済

二階先生が、「これからは意見を申し上げる」そうな。

17日の産経ニュースより

民・二階俊博幹事長、サンフランシスコ市議会の慰安婦像寄贈受け入れ決議に不快感 「日本が喜ぶか、答えはおのずと明らか」PR
 自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決した件に不快感を示した。「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。米国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」、「これからは慰安婦問題について必ず意見を申し述べてくる。日本から来た国会議員はみんな意見を持っていて、気を良くしているわけではない(と相手に理解してもらう)」と強調した。

 エロ黒二階ちゃん、やっと正論言ったね。だってこれまで日本は慰安婦問題で何を言われても黙っていたもんね。だから今日のような状況になったんだよね。南京大虐殺、首相の靖国参拝、尖閣諸島の領海侵犯、および海底石油の盗掘なども中国にもばしっ!っと言ってほしいけどね。 「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。中国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」。
これを中国に言えるのなら、ワシはエロ黒二階ちゃんを見直すけどねー。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ


テーマ : 歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル : 政治・経済