1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霞ケ関CCの会則が五輪憲章に抵触、だったらほかのゴルフ場にしろ!

  2020年東京五輪のゴルフ会場となる霞ケ関CCが女性正員を認めていない問題で、差別を禁じた五輪憲章に抵触するとして大会組織委員会やJOCが改善を求めているが、なんでここまで大きな問題になっているのかわからない。五輪憲章で差別を禁じているのは尊重するけれど、霞ケ関CCは一民間の会員制クラブだ。このクラブの会則を変えろと圧力をかけるのはちょっと筋違いではないかと思う。ゴルフ場はほかにも多数ある。霞ケ関CCの会則が五輪憲章に合わないというなら、それにふさわしい別の会場を探せばいいだけのこと。また、霞ケ関CCもそれをはっきり言えばいいではないか。ワシはこのクラブの会員ではないが、会員だったら「会則変更の協議など必要ない。五輪会場を返上すべし!」と言うだろう。
  もうひとつ、この問題で癪に障るのが、正会員は男子に限るとした会則が「差別」にあたると抗議している点だ。世の中いたるところに「女性専用」という文字が氾濫しているよ。JRには女性専用車両があるし、ワシの会社の近くには「女性専用フィットネスジム」もある。女性専用の「カイロプラクテック(整体)」もある。しかし、これらに対し、男性差別だと考えたこともないし、そういう声も聞かない。これらは「住み分け」だ。つまり「区別」なのだ。女性正会員限定のゴルフ場があってもおかしくない。
  IOCが差別にこだわるのならいっそオリンピック競技も男女別をなくし、男女同権、男女混合競技にすべきだ。レスリングも男女の区別関係なし、柔道も男女で試合、いいではないか。ワシも女性を横四方固めで押さえ込みたいなー。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 東京五輪 - ジャンル : 政治・経済

アパホテルに南京大虐殺否定の本、だったら「聖書」はどうよ。

  アパホテルが「南京大虐殺」などを否定する書籍を客室に備えている問題で、2月19日に開幕する札幌アジア冬季競技大会の組織委員会が、「偏見や差別がないよう宗教、文化、民族に配慮した対応をすること」を口実に、アパホテルに問題の書籍を撤去するよう圧力をかけていたことが20日に分かった。組織委員会といっても内実は日本オリンピック委員会だが、この団体はスポーツと政治は別と言いながら、すぐに政治に屈するし、特に中国には何にも言えない団体だ。おそらくしかるべき筋の圧力があったのだろうと思っていたら、案の定、高橋はるみ北海道知事がそれなりの圧力をかけていた
  高橋知事は、「冬季アジア大会、観光立国・北海道という立場からすると、それぞれの国々の方々に気持ちよく泊まっていただきたい。あまり不快な思いを持ってもらうのはどうなのかなと率直に思う」と述べた。今回の問題は、アパホテルが冬季アジア大会の選手村に指定されているから、その組織員会が出てきたが、高橋の発言は観光客を対象にした一般論としての発言である。だとしたら、ホテルの部屋に常備されている「聖書」についても撤去するよう日本ホテル協会に要請しろ! イスラム教の人が泊まれば気分を悪くするし、創価学会の人が泊っても同様に気分はよくないだろう。
  高橋は、「南京大虐殺」を否定する本は宿泊者を不快にさせて、「聖書」は不快にさせないと思っているのだろか。是非とも知事の見解を聞きたいものだ。それとも、いまからでも遅くないので、北海道にある全宿泊施設に、宗教関連、歴史関連の書籍を配置しないように要請するか? そこまでの覚悟があるのかなー、左翼おばさんは。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

またも妥協、日本がユネスコ分担金38億円を支払い

  政府は、ユネスコによる「南京大虐殺」文書の「世界の記憶遺産」登録に反発し保留していたユネスコへの今年の分担金約38億5千万円を支払った。支払い保留を続ければ加盟国の反発を招き、日本が求める記憶遺産の登録制度改善にも支障をきたすと判断したことによる。
あーあー、また妥協、完全なる敗北だ。日本が求める記憶遺産の登録制度改善に支障というが、厳密にはそうではくて、日本が登録を申請および準備している世界遺産の登録が不利になるというのが真相だろう。つまり、これから申請する日本の世界遺産登録のために、日本政府は「南京大虐殺」文書を認めたということにほかならない。こんなことをしていたら、いくら世界に向かって「南京大虐殺」はねつ造だ、韓国人従軍慰安婦は事実ではないと言ったところで、世界は聞く耳を持つはずがないではないか。日本の交渉力のなさに呆れかえる。
  そもそも「世界遺産」なるものに何でそこまでこだわるのか。所詮は、外国人観光客の誘致、彼らが落とす金、それで疲弊した地元および日本の経済を活性化しようという魂胆だ。金のために、日本の名誉、命をかけて国を守った軍人たちの名誉を捨てたことを意味している。
  ワシは敢えて言う。こんな世界遺産など日本にはいらん! 世界遺産登録申請も全部取り下げろ!そこまでの覚悟でユネスコ分担金を保留にすべきだったんだ。一方で登録申請をしておいて、他方では登録に異議ありと文句をいう。こういう二枚舌を使うから日本は軽くあしらわれる、足元を見られる。
  日本政府はこれまでの国際交渉で一体何を学習してきたのか。そんな政府には税金払わんぞ!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

中国人、韓国人の公共マナーはやっぱり最低だった。

  ワシは先日、沖縄を家族で旅行した。仕事では過去何回も沖縄を訪れているが、首里城だけは行ったことがなかった。何回も来ることがあるから、そのうちに訪れようと安易に思っていた。しかし、転勤で沖縄に行くことがなくなり、女房から沖縄に行きたいとせがまれ旅行を思い立った。
  那覇空港に着いて、中国人の多さは予想どおりだったが、韓国人も多かった。ワシは到着口に向けてやや急いでいた。歩く歩道に乗ったが、中国人が5,6人、歩く歩道いっぱいに立ち止まっている。ワシは追い越せない。アナウンスでも「急ぐ方のために右側をおあけください」と言っている。日本語が分からないのかもしれないが、「歩く歩道いっぱいに立ち止まっているのなら、普通に歩いて行け!」と叫びたかったが、相手は中国人、逆上して殴られるかもしれない。ここはおとなしくしておこうと思った。  
  首里城に行った。復元されているとはいえ、やはりよかった。ただここも中国人、韓国人観光客の多さには驚いた。ある区画に行くと、城内の庭園を、沖縄のお茶、茶菓子を無料で供して、説明してくれるところがあった。我々は座敷に座り、茶をいただきながら庭園の説明を聞き入っていた。するとワシの向かいに座っている韓国人アベックの男が、携帯電話で話しだした。すぐ隣では琉球衣装をまとった女性が説明しているのにだ。静かだった室内が、その男の声、笑い声でうるさくなった。男はそんな周囲を意に介せず、話続けている、となりの女も止めようとはしない。ワシはよっぽど注意しようかとも思ったが、相手は韓国人だ。逆上すると止められなくなる。それこそ殴り殺されるかもしれない。ワシは首里城内で死ぬのはイヤだったし、「日本人、首里城で韓国人に殴られ死亡」と紙面を賑わすこともイヤだったので黙っていた。するとワシの左に座っていた中国人女性2人が、小声で何か話している。目は韓国人を睨んでいたから、おそらく電話をしている韓国人をバカのクソの罵っていたのだろう。中国人でも小声で話すくらいに、韓国人の行動は常識はずれだった。それが韓国人の常識でもあるわけだが。
  全体的には楽しい沖縄旅行だったが、中国人、韓国人に後味を悪くされた旅行でもあった。
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

日韓経済協会の佐々木幹夫会長は、安倍首相が糾弾されてもへらへらと金儲けの話をする。

5月13日から14日にかけて、韓国で「日韓経済人会議」が開かれた。この会議は日韓の経済団体が毎年開いているもので、両国の企業関係者らおよそ300人が意見を交わし、「両国の企業関係者が民間の先頭に立ち、両国の連携強化に努力する」などとした共同声明を採択した。
日韓経済協会の佐々木幹夫会長は「今回は日韓国交正常化50周年を記念した会議で、日韓の新時代にふさわしい未来志向的な内容となった」と評価する一方、韓日経済協会のキム・ユン会長は、「日本とのビジネス環境をよくするためにも韓国の企業関係者は首脳会談の早期開催を希望している。今後、よい結果が出ることを期待している」と述べた。
経済人はやっぱバカだね。自分らの金儲けのことしか頭にない。金に色は付いていない。泥棒が持ってきた金も、金は金。こういう姿勢で商売しているから、彼らには国家に対するプライドや国家主権を守ることなどまったく感じられない。あるのは金のみ。
この会議が開かれる前日の12日には、韓国国会が、安倍首相を糾弾する国会決議案を全員一致で可決したばかりだ。一国の、それも隣国どうし、おなじ自由主義陣営の友好国が、他国の首相を名指しで糾弾する。国際常識の逸脱もはなはだしい。宣戦布告ととられてもしかたがないくらいのことだ。こういう状況になったにも拘わらず、「日韓の新時代にふさわしい未来志向的な内容だとか、首脳会談の早期開催を希望する」など、間抜けたことを言っている。本来なれば、この糾弾決議が可決された時点で、日本の経済関係者は、「わが国の首相を糾弾する国会決議が可決されるような状況では、友好的な経済関係は構築できない」といって、この会議をボイコットして帰国するべきだった。なにをへらへら笑って共同声明の発表か! 
   経済人は売国奴と表裏一体だ。都合のいいときは、政経分離。政治と経済は別というが、都合が悪くなると、首脳会談に期待するなどと、政治を巻き込もうとする。自分たちの銭儲けに政治を利用するのが彼らの倫理観なのだ。こういう経済人をもつ日本国民として、はずかしい思いだ。心ある日本国民から、ワシと同じような意見が出てこないかな。
  こういう経済人こそ、日本国民が糾弾してやる!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


社会・政治問題 ブログランキングへ

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。